入試情報

ホーム > 入試情報 > 駒澤大学(東京)指定校編入学制度のご案内

駒澤大学(東京)指定校編入学制度のご案内

3年次から駒澤大学へ編入可能!!

 

 

3年次から駒澤大学へ編入が可能です! 編入試験は面接口試のみ!
1・2年次を苫小牧駒澤大学(北海道)で学修し、編入試験を経て、3・4年次を駒澤大学(東京)で学修、そのまま卒業することができます。卒業証明書は、東京の駒澤大学を卒業したこととなります。

編入試験は、本学在学中に一定の成績基準を満たすと、本学の学長推薦により筆記試験が免除され、面接試験のみで選考されます。

対象となる学部・学科・推薦人数について 過去2年の編入者数について

仏教学部

(禅学科2名、仏教学科2名)

条件:本学仏教専修科に在籍し、2年次終了時点で50単位以上修得していることなど

経済学部

(経済学科2名、商学科2名、現代応用経済学科2名)

条件:本学に在籍して2年次終了時点で50単位以上修得していることなど

 

<平成27年度>

仏教学部2名(禅学科1名、仏教学科1名)

 

<平成28年度>

仏教学部2名(禅学科1名、仏教学科1名)

経済学部3名(経済学科2名、商学科1名)

 

 

<問い合わせ先>

苫小牧駒澤大学 入試広報センター

フリーダイヤル 0120-57-1054

 

TEL:0144-61-3100

FAX:0144-61-3333

E-mail:komamaile.t-komazawa.ac.jp

 


 

浦城 芳恵さん

学びの幅を広げるために

「指定校編入学制度」で東京の駒澤大学へ

 

駒澤大学 経済学部 経済学科

浦城 芳恵さん

(平成28年度 編入学)

 

 私の生まれは神奈川県ですが、自立性を身に着けるために県外の大学を選びました。本学は東京の駒澤大学と系列校であり、3 年生になって編入の道を選択できるので、将来の幅が広がると思い、入学しました。

 苫小牧駒澤大学の魅力は、1年次のサポートがとても親身なところです。与えられた授業をこなしていく高校生とは違い、自らの力で卒業への道を作ることは大変です。しかし、1年次の間は各先生方の研究室や学生サポートセンターをはじめ気軽に足を運べる環境にあるため、2年次からは自らの判断で大学生活をスムーズに送ることができました。

 入学当初から編入の意識はあり、学びの幅を広げたいという気持ちがありました。環境問題をベースとした経済の仕組みを追求しながら、就職のための産業経済、情報サービス業について深く学べると考えたからです。

 私は環境問題、地域の活性化、農業や自給率の問題などに興味があり、東京の駒澤大学ではそれらを経済と合体させた学問を学び、将来につなげたいと考えています。

 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑