学部・学科・コース

ホーム > 学部・学科・コース > 国際文化学科 > 仏教文化コース

仏教文化コース

仏教文化コース

 日本の精神社会に影響を与えてきた仏教について、インド、中国、日本等世界的な視点から総合的に学び、豊かな心の涵養を目指しています。世界の各地に展開した仏教文化を学びつつ、曹洞宗教師資格(2等教師)の取得を志望する学生を想定したコースです。

 

コースの特長

 

特長
1

「駒澤力」

 苫小牧駒澤大学は禅の精神に由来する「行学一如」を建学の理念としています。学びを日常生活の中に活用する、「理論」と「実践」の融合こそが駒澤力。仏教文化コースはまさに「駒澤力」を身につけるためのコースです。この力こそがみなさんの将来に活きる力となるのです。

特長
2

「いま」必要な力

 国際文化学部に設置された仏教文化コースは、21世紀社会に的確に対応できる、国際人として通用する幅広い教養教育を土台としています。コミュニケーションツールとしての語学力や情報活用力、国際文化教養を身につけ、あわせて仏教に関する深い知識と知恵を得ることができます。

特長
3

「いま」必要な心

 2500年ほど前、インドで生まれた仏教は世界宗教として、また今日欧米では教育学や心理学、精神医学など様々な分野で注目されています。仏教はとても国際的で高度な精神文化であるといえます。仏教のもつ役割は今後、より一層大きなものになるでしょう。国際性をもつ心豊かな人間の育成をめざしています。

特長
4

「一人ひとり」皆さんを大切にします

 ゼミナール形式の少人数制・参加型授業を中心に、皆さんの「学び」ととことん向きあいます。一人ひとりの学びをしっかりサポート、皆さん自身が「学びたいこと」を深く掘りさげられるよう充実したカリキュラムが用意されています。就職対策・資格取得のための講座も豊富です。

 

僧職に就くための仏教を学びながら、IT関連の基礎知識も。

永保 眞徳(2011年卒業)

永保 眞徳(2011年卒業) 実家の寺を継ぐため、僧職の資格取得に向けての知識面を養うべくこの大学に入りました。それと、自分のやりたい職種でもあるIT関連の基礎知識や仕組みについても学び、家業を手伝いながら、IT系の仕事が出来たらいいなと考えています。
 授業では仏教学に始まり、仏教の起源や様々な歴史の側面、国ごとの仏教のあり方や生活の中での位置づけなど、仏教にまつわるすべてを多角的に学んでいます。学内に素晴らしい坐禅堂も完備しており、そこで学ぶ坐禅の作法や心得は実に興味深く、心がやすらぐひとときにもなっています。曹洞宗の開祖、釈尊や坐禅を最初に行った人物のことなど、教学面においても知るほどますます探究心がわいてきます。
 この大学で僕が気に入っているところは、中心部からややはなれた自然豊かなキャンパスで、心落ち着けて勉強に集中できることです。といっても、大学までのバス路線がきちんとあるので、冬の通学もまったく問題ありません。先生や事務の方々もみんな親切で、快適な学生生活をバックしてくださいます。広く学ぶことも、ひとつのことを学ぶのも、両方が叶う大学だと思います。

 

 

仏教専修科リーフレット

仏教専修科リーフレット

 

本学では仏教専修科の課程に登録し、所定の科目の単位を修得。さらに在学中に特殊安居を3回以上修了すれば、無試験で曹洞宗教師資格(2等教師)の資格が取得できます。

 

 

佐久間 賢祐 教授

深い洞察に満ちた感性を

佐久間 賢祐 教授

 ベストセラーを次々と生み出している斎藤孝さんは、禅について、日本人の「心の最大資産」といっています。そして、国際的に見ても日本文化の象徴であると。禅は「生きる」ということを真正面から見つめた日本人の心の文化です。その禅を私たちといっしょに学び、深い洞察に満ちた感性を養い、皆さんの心象宙宇(しんしょうちゅうう・心の中の宇宙)を大きく大きく広げてみませんか。

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑