学部・学科・コース

ホーム > 学部・学科・コース > 国際文化学科 > 北海道・アイヌ文化コース

北海道・アイヌ文化コース

北海道・アイヌ文化コース

 本学の位置する胆振・日高の地域特性から、地域文化たる北海道の文化、及びアイヌ文化を総合的に学び、多様な視点から社会を考察できる人材の育成を目指しています。
 北海道及びアイヌ文化を多角的に学びつつ、博物館学芸員等を志望する学生を想定したコースです。

 

コースの特長

 

特長
1

教場で北海道の歴史を知り、
青空の下でナマの歴史に触れる

 このコースでは、北海道・アイヌの歴史・文化、他国との交流などを幅広く学びます。講義だけではなく、学外のフィールドに出て、聞き取り調査や食物採取・加工をしたり、遺跡の見学や発掘調査に参加したりすることで、北海道・アイヌのナマの歴史・文化に触れることができます。視覚的な資料と触覚的な資料の両方から学ぶことで、より深い知識を得られます。

特長
2

北海道のみならず、
世界の先住民族の歴史・文化を知る

 世界の先住民族の文化と歴史、現在について、最新の研究成果をもとに詳しく学ぶことができます。アイヌ民族と北方の先住民族との関係や、アイヌ民族と本州・日本との関係など、北海道を取り巻くさまざまな状況を知ることにより、実際にフィールドワークしたときの理解度が増し、知識として知るだけでなく、心で深く受け止めることができます。

特長
3

大学の立地条件を活かして、
自然とともに生きる知恵を学ぶ

 アイヌ文化を知ることによって、厳しい自然と共に生きる知恵と技術を学びます。白老町や平取町、厚真町など、アイヌ文化に身近な地域が近隣にあり、実際に伝統的な儀式や生活などの再現に立ち会うことができます。アイヌ文化伝承者から植物の採取や加工、あるいは伝統的な儀式などについて詳しく教えていただくことによって、アイヌ文化に関する実践的な学習が可能です。

特長
4

学生主体のサークル「アイヌ文化学生フォーラム」で、北海道の地域文化やアイヌ文化について真剣に語り合う

 本コースの在籍者を中心に、フォーラムと呼ばれる意見交換の場を設けています。そこでは、他コースの学生や卒業生、他大学の学生なども交えて真剣な話し合いが持たれています。毎回テーマを決めて、授業や読書を通して学んだ内容、新聞やインターネットから得た最新の情報などをもとに、自分の意見を述べ、他の人の意見を聞いて、自分を伸ばすステップにしています。先輩の何人もが、地域文化を支える博物館学芸員として活躍しています。

 

学業と部活を両立させながら、
精神的にも強い人間に。

岡川 直樹(2011年卒業)

岡川 直樹(2011年卒業) 小学生のときからずっと野球をやてきたので、大学でもぜひ続けたいと思っていました。苫駒大は部活動も盛んで、勉強と両立させながら大好きな野球に打ち込むことが出来ます。チームメイトの野球にたいする熱意や態度、先輩と後輩の間での礼儀など学ぶべきところもたくさんあり、人間としても大きくなれたらいいなと。
 野球選手として技術を磨くのはもちろんですが、日々の練習や試合を通して精神面も鍛えられ、どんな状況でもしっかりとした態度でいることの大切さを実感。これは大きな収穫でした。うちの大学は部活で活躍しても学業をおろそかにしないのが大前提ですから、勉強も練習も限られた時間でいかに成果を出すか常に考えながら行動しなければなりません。
 すべてを管理されていた高校時代に比べると、自立を求められるのが大学というところ。大学時代に培ったことは、すべて社会へ出るためのトレーニングであり、必要なプロセスです。人間として当たり前のことを当たり前にできる大人になるのが目標ですが、簡単なようでなかなか難しい。先生や仲間の助けを借りて成長していけたらと思います。

 

 

卒業生紹介~アイヌ文化の伝承・研究に活躍中

博物館学芸員課程履修者の主な実習・就職先

学芸員としてさらに知識を深め、より広く発信していきたい

 

蓑島 栄紀 教授

アイヌ史のダイナミックな魅力 ~過去・現在・未来~

蓑島 栄紀 教授

 列島の先住民であるアイヌは、本州や北東アジア各地を股にかける交易の民でもありました。北方圏の諸文化の躍動的な歴史は、学会で多くの関心を集めており、そのなかでどのようにアイヌ文化が生まれたかも重要な研究課題です。また、アイヌ文化・民族は過去の存在ではなく、「いま」「これから」を生きる文化に他なりません。本学からは、アイヌの未来を担っていこうと「イオル(伝統的生活空間)再生」の仕事に就いたり、アイヌ文化に魅了されて研究者の道を目指す若者が数多く巣立っています。アイヌの過去を探求するだけでなく、その現在と未来にも積極的に関わっていけるのです。

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑