学部・学科・コース

ホーム > 学部・学科・コース > 学部の教育目標

学部の教育目標

「世界」とつながり、地域社会に貢献できる人間を育てる。

 大学はみなさんが社会へ出ていく扉といえます。卒業後は世の中で人々や環境と交わりながら暮らしていくわけですが、そのために必要な知識や能力を身につけるのが、大学での4年間といえるでしょう。点数を取るためとか、競争に勝つためといった、勉強のための勉強ではなく、自分という人間の力を形成するための学びです。
 交通手段や通信技術が発達した現代社会では、どこで暮らしていても「世界」が私たちの目の前に押しかけてきます。日ごろ何気なく接している品物や情報も、その多くは海外で生み出され、さまざまな地域の人びとの手を経て、私たちのもとにたどり着いているのです。もちろん人と人との出会いも、日本という枠の中に収まるものではありません。
 こうした時代に生きていくには、「世界」を知ると同時に、その中の自分を正しく把握することが大切です。さまざまな文化を理解し、いろいろな角度から自分自身を見つめること、そして多様な人びとと円滑に結び合う力を身につけることが必要なのです。
 苫小牧駒澤大学国際文化学部の教育目標は、建学の理念である「行学一如」、理論と実践の融合を体現し、自ら学び、主体的に行動する人材を育成することにあります。現代社会と多様な文化を理解し、自分自身の生き方を見つめ、学んだ知識や実践力を活用できる幅広い職業人・教養人を育成することです。仏教の包容力のもとで、「世界」とつながり、地域社会に貢献できる人間を育てることが、私たちの目標です。

国際文化学部長 関谷 雅弘

 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑