ニュース

ホーム > お知らせ一覧 > 海外への渡航の自粛または海外滞在中の注意について

2015年11月30日

苫小牧駒澤大学

学生及び教職員に対する海外への渡航の自粛または海外滞在中の注意について
 

 先日の11月13日、フランス・パリにおいてテロ事件が発生致しました。犠牲になられた方々に対し、深く哀悼の意を表します。

 本学の学生及び教職員におきましては、やむを得ず新規渡航する場合または海外滞在中の場合には、渡航先エリアに関する各種報道や外務省が発信する海外安全情報を注視し、綿密な情報収集を行い、自身の安全を十分に確保するよう心掛けてください。海外には今回のような事件に限らず、不慮の事故や日本では一般的でない感染症といった予想をはるかに超える多くの危険・リスクが潜んでいます。万が一に備え、以下の各項目については必ず実行するようお願いいたします。

 

1.自分の身は自分でしか守れない、という「自衛」・「自己責任」の心構えを持って、事前の情報収集や安全確保に努める。

2.海外渡航にあたっては、出発前に必ず大学及び保証人に対し、渡航先をはじめ、期間、旅程、宿泊先、e-mail等の連絡先を明記した計画書を提出する。

3.海外渡航中の事故や病気に備え、適切な海外旅行保険に加入する(クレジットカードに付帯している保険は、補償内容が十分でない場合があるので注意!)。

4.「外務省渡航登録サービス」に必ず登録する。

5.外務省が提示する「危険情報」の発出地域への渡航は避ける。

 

《参考URL》

・外務省

http://www.mofa.go.jp/mofaj/

・外務省海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

・外務省渡航登録サービス

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑