ニュース

ホーム > ニュース一覧 > カナダ先住民族文化交流が行われました

カナダ先住民族文化交流が行われました

 

 カナダの先住民族「シックスネイションズ」との文化交流が行われました。本事業は、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の助成を受けて実施されたもので、今年で3回目の実施となります。過去には、北欧の先住民族サーメの人々、ロシア極東地域の先住民族サハ及びナナイの人々との交流が行われました。今回は本学の学生7名と駒澤大学附属苫小牧高等学校の生徒1名が参加し、カナダのオンタリオ州にある先住民族のリザベーション「シックスネイションズ」を訪問し「モホーク民族」の人々との交流を実施しました。

 「シックスネイションズ」は、カナダ国内でも先進的な活動をしている人々で、参加した学生たちからも、とても勉強になったとの感想が聞かれました。特に、文化伝承の面では、幼稚園から中学まで一貫して「モホーク語」を教える学校が存在し、母語が「モホーク語」という児童が通うなど、日本の「アイヌ民族」が置かれている現状との違いを肌で感じることができました。

 本学は、「アイヌ民族」が多く住む胆振・日高地域にある唯一の文化系大学として、「アイヌ文化」の研究や教育に努めています。今回の事業もその一環として実施されました。これからもアイヌ文化の振興に向けてさまざまな事業を展開いたします。

 

 
交流先にて 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑