ニュース

ホーム > ニュース一覧 > 第15回 国際アイスホッケー日本文化体験が行われました

  第15回 国際アイスホッケー日本文化体験が行われました

 

 3月9日(金)11時30分より本学において、カナダ選手団(中学生)26名が本学に来訪して日本文化を体験しました。植木 国際文化学部長の挨拶から始まり「坐禅体験」、「華道体験」、「昔の遊び体験」を行いました。

 「坐禅体験」では、仏教専修科から中野佳さん(国際文化学科2年)と飯原拓郎さん(国際文化学科3年)が指導をしてくれました。15分間という短い時間でしたが、自ら警策を受けたがる選手や積極的に質問をする選手もいました。

 引き続き行われた「華道体験」ではそれぞれ個性のある生け花が完成し、その完成した花を写真に写すなど和やかに談笑しながらそれぞれが華道を楽しんでいました。

 神 國朝 先生(駒沢苫小牧幼稚園園長/本学アイスホッケー部 総監督)による「昔の遊び体験」ではけん玉とマジックが披露され生徒たちは夢中になって遊んでいました。

 言葉は通じないものの日本の異文化に触れながら見せるカナダからの選手団たちの笑顔はとても素敵でした。

 

坐禅の説明を聞くカナダ選手団

けん玉遊びを体験するカナダ選手団
 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑