ニュース

ホーム > ニュース一覧 > 【産学官連携】苫小牧市と本学が相互協力協定を締結しました

 

 【産学官連携】苫小牧市と本学が相互協力協定を締結しました

 

 4月11日(水)11時より苫小牧市(岩倉博文市長)と苫小牧駒澤大学(以下「本学」)は、地域社会の発展や地域人材の育成を目的とした相互協力協定を苫小牧市役所にて締結しました。

 協定では、(1) 教育・文化・生涯学習及び人材育成、(2) 生活環境の整備・保全や都市基盤整備、(3) 産業振興等、産学官連携による地域振興、(4) 情報化社会の構築、(5) 行財政の効率化・適正化、(6)その他必要と認められる行政施策立案に関する6つの項目における相互協力について定められております。今までも苫小牧市と本学は、公私協力大学という設立の経緯からも苫小牧市現役幹部職員連携(助役・部長)による「自治行政」、「地方自治法」を開講しておりましたが、地域活性をも目的とした新たな講義の開講や、学生のアイデアをも盛り込んだ〝まちづくり〟をテーマとしたインターンシップの充実等が想定されます。

 本学は、近く苫小牧商工会議所との協定締結も予定しており、地域の発展や人材育成を通して更なる魅力向上に向けて取り組んで参ります。

 

 

調印の模様

協定を結び握手を交わす小堀学長(左)と岩倉市長(右)

 

協定書(原本)

 

写真:協定を結び握手を交わす小堀学長(左)と岩倉市長(右)
 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑