ニュース

ホーム > ニュース一覧 > 【内定者の声】多くの人たちに支えられた就職活動

  【内定者の声】多くの人たちに支えられた就職活動

 苫小牧駒澤大学では、学生の進路実現に向けて入学から卒業まで一貫した体制で就職活動のバックアップをしております。今回は、就職内定者の中から今年5月に苫小牧信用金庫から内定をいただいた国際文化学部4年 渋谷 麻美さんにどのような思いを抱き、どのような取り組みを経てきたのか、当時の就職活動の様子を振り返ってもらいました。

 私は、3年生の12月1日に企業へのエントリーが始まるので、昨年の10月頃から就職活動を開始しました。3年生の後期に「キャリアプラン応用」という就職活動のための授業を履修し、就職活動に向けての準備として何が必要か、自己PRやエントリーシートの書き方、心得等を学びました。この授業は就職活動をする上では欠かせない授業だと思います。私にとってもとても為になりました。

 その頃から、自分のやりたいこと、適職とは何かを考え、エントリーシートの書き方を複数回、練習し、一番大切な企業研究をしっかりと行い、また大学の先生方にも相談しながら12月のエントリーに向けて準備を進めてきました。

 本格的な就職活動が始まってからは、たくさんの「合同・単独説明会」が行われます。直接、企業の人たちの話が聞けるのはもちろん、顔を覚えてもらうこともできるので、是非、参加することをお勧めします。

 エントリーシートが通過すると、1次2次3次4次…と就職試験が続いていきます。選考方法は主に筆記、グループディスカッション、集団面接、個人面接です。これらを乗り切るためには、日頃からの勉強と、念入りな練習と準備が必要です。

 就職活動で大切なことは、

  • 早い時期からしっかりと計画をたてる
  • エントリーシートの練習
  • 企業研究
  • 説明会への参加
  • 毎日、新聞を読むこと
  • 面接の準備、練習等

だと思います。多くの人たちに支えられての就職活動でした。後輩の皆さんも、無事に就職活動を成し遂げるために頑張ってください。

 

国際文化学部4年 渋谷 麻美 (鵡川高等学校出身)

内定先:苫小牧信用金庫

国際文化学部4年 渋谷麻美

学内掲示板で就職情報を得る渋谷さん

【関連ページ】

  就職支援・学生サポート

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑