ニュース

ホーム > ニュース一覧 > 苫小牧港開港50周年記念シンポジウム「苫小牧の経済発展と大学の地域貢献」を開催しました

苫小牧港開港50周年記念シンポジウム

「苫小牧の経済発展と大学の地域貢献」を開催しました

 

 苫小牧港開港50周年記念シンポジウム「苫小牧の経済発展と大学の地域貢献」が6月16日(日)14時00分より、苫小牧市のグランドホテルニュー王子にて開催されました。

 まず初めに、主催者を代表して苫小牧港管理組合管理者・苫小牧市岩倉博文市長からご挨拶と、共催者を代表して本学学長の小堀訓男のご挨拶でスタートしました。

 第1部の基調講演1では、社団法人日本野球機構審判技術委員の山﨑夏生氏による講演「野球でこぼこ道-生きる力と10年後の自分-」と、基調講演2では苫小牧港管理組合専任副管理者の柏葉導徳氏による「苫小牧港の役割と将来展望」と題して講演が行なわれました。

 第2部「未来ある苫小牧の創造」をテーマとしたパネルディスカッションでは、苫小牧市 岩倉博文市長、苫小牧埠頭株式会社 長岡久人社長、松本大学(長野県)住吉廣行学長、本学 丸山和幸准教授の4名のパネリストに、コーディネーターとして北海道新聞社苫小牧支社 寺澤純支社長を加え、地域と大学の連携について、本学キャリア創造学科の取り組みや松本大学の先進事例を交えながら話し合われました。

 シンポジウム終了後に行なわれたレセプションでは、軽い食事をとりながら参加者同士の交流が盛んに行なわれました。また、来年ソチで開催される冬季オリンピックに出場が決定した、アイスホッケー女子日本代表の中心メンバーである本学学生の大澤ちほさんと小池詩織さんからのビデオレターも放映されました。

苫小牧市 岩倉市長のご挨拶(とまチョップも一緒に)

苫小牧駒澤大学 小堀学長のご挨拶

【基調講演1】 山﨑夏生氏

【基調講演2】 柏葉導徳氏

パネリストの4名(岩倉市長、長岡社長、住吉学長、丸山准教授)

大澤ちほさんのビデオレター(於レセプション)

 

【関連記事】

6月16日(日)に苫小牧港開港50周年記念シンポジウム「苫小牧の経済発展と大学の地域貢献」を行います

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑