ニュース

ホーム > ニュース一覧 > 第9回 学術シンポジウム・フィールドワーク「アイヌモシリにおける植民主義」を行います

第9回 学術シンポジウム・フィールドワーク

「アイヌモシリにおける植民主義」を行います

 

  「アイヌモシリ記憶表象」研究プロジェクトと東アジア教育文化学会が主催し、本学の環太平洋・アイヌ文化研究所が共催するシンポジウム及びフィールドワークを、下記の日時において開催致します。

◇ 学術シンポジウム報告 日時:8月17日(土) 受付 12:30~ シンポジウム 13:00~17:00
会場 : 苫小牧駒澤大学(苫小牧市錦岡521番地293)C103教場
  * 植木哲也(苫小牧駒澤大学) 「北大殖民学の記憶」
  * 蔡 鴻哲(北海道フォ-ラム共同代表) 「朝鮮人労務動員と強制労働・遺骨発掘」
  * 石 純姫(苫小牧駒澤大学) 「北海道における朝鮮人の移住 アイヌ民族とのつながり―表象と記憶の継承をめぐって」


◇フィールドワーク
  第一日 8月18日(日) 白老「民族共生の象徴空間」構想を検証する
平取 アイヌ民族と朝鮮人の共生の場所を辿る
  第二日 8月19日(月) 札幌 朝鮮学校訪問
東千歳駐屯地・慰安所跡地

 

  シンポジウム主催 : 「アイヌモシリ記憶表象」研究プロジェクト

  フィールドワーク主催 : 東アジア教育文化学会

  協賛 : 苫小牧駒澤大学環太平洋・アイヌ文化研究所 北海道フォーラム

 

※ 本シンポジウム・フィールドワークは、科学研究費基盤研究(C)「北海道における朝鮮人の移住 アイヌ民族とつながりにおける重層的アイデンティティー」2012~2014年度(研究代表 石純姫)の助成金によるものです。


環太平洋・アイヌ文化研究所のページ

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑