研究所主催行事のご案内

○第28回研究例会
 高木 良平(苫小牧駒澤大学准教授)
 「伊福部昭生誕100年 アイヌと北方先住民族の音楽との関わりをめぐって」

 日時: 2014年3月14日(金) 18:00〜19:30
 場所: 苫小牧駒澤大学 1階 C102教場

○第27回研究例会
 蓑島 栄紀(所長・苫小牧駒澤大学教授)
 「「アイヌ史における古代」は成立するか」

 日時: 2014年2月14日(金) 14:40〜16:10
 場所: 苫小牧駒澤大学 1階 C102教場

○第26回研究例会
 砂澤 代恵子 氏(アイヌ文化伝承ららん工房代表)
 「祖母の思い出―その生きた時代」
 
 日時: 2013年 3月 7日(金) 13:00〜14:30
 場所: 苫小牧駒澤大学 1階 C102教場

○第25回研究例会
 植木 哲也(苫小牧駒澤大学 教授・学部長)
 「開拓・辺境・内国植民地」
 
 日時: 2012年11月10日(土) 13:00〜14:30
 場所: 苫小牧駒澤大学 2階 C206教場

○2011年度シンポジウム 「太平洋島嶼国と地球環境」

○日時:2011年11月5日(土) 13:00開場 13:30開会〜17:30閉会
○場所:苫小牧駒澤大学 1階 C102教場

○進行
 13:30     開会の辞 蓑島栄紀(苫小牧駒澤大学准教授・
                         環太平洋・アイヌ文化研究所所長)

 13:35〜14:20 問題の所在「太平洋島嶼国の環境問題とは」
                東 裕 氏(苫小牧駒澤大学国際文化学部・教授)

 14:20〜15:20 報告1「ツバルの真実−沈みゆく国?」
                小林 泉 氏(大阪学院大学国際学部・教授)

 15:30〜16:30 報告2「ビキニ環礁の現在」
                黒崎岳大 氏(国際機関太平洋諸島センター・次長)

 16:30〜17:30 パネルディスカッション

 17:30      閉会

○第24回研究例会
 東 裕(苫小牧駒澤大学 教授)
 「太平洋島嶼諸国研究の意義と課題    
  −わが国の国益と国際協力の視点から−」
 
 日時: 9月30日(金) 18:00〜
 場所: 苫小牧駒澤大学1階C102教室

○2010年度シンポジウム 「アイヌ民族と北方圏の食文化」

主催:苫小牧駒澤大学環太平洋・アイヌ文化研究所
後援:(財)アイヌ民族博物館・苫小牧市博物館・苫小牧市中央図書館

○日時 2010年11月28日(日) 12:30開場 13:00開会 16:45閉会
○場所 苫小牧駒澤大学 C103大講義室

○アイヌ伝統食体験 12:30〜13:00
○開会の辞 13:00
 植木 哲也(苫小牧駒澤大学 教授・学部長)

○基調講演 13:05〜14:35
 佐々木 史郎(国立民族学博物館 教授・副館長)
 「北方先住民の食文化―アムール・サハリン・北海道」(仮)

○報告 14:45〜15:45
1)村木 美幸(アイヌ民族博物館 学芸員・副館長)
 「アイヌ民族の食文化」(仮)

2)金内 花枝(苫小牧駒澤大学 准教授)
 「栄養面からみたアイヌ伝統料理」(仮)

3)能登 千織(しらおいイオル事務所チキサニ学芸員・アイヌ政策推進会議委員)
 「アイヌ有用植物の再生へ向けて―イオル構想の現状と課題」(仮)

○パネルディスカッション 16:00〜16:45
 「アイヌ民族と北方圏の食文化」
 司会:蓑島 栄紀(苫小牧駒澤大学 准教授)
 パネリスト:基調講演者1人と報告者3人

○問い合わせ先
 〒059-1292 苫小牧市錦岡521-293 苫小牧駒澤大学
  0144-61-3124(環太平洋・アイヌ文化研究所事務局)

※入場無料。事前申し込み不要。
※当日、試食程度のアイヌ伝統食の体験があります(開会前)。ぜひお早めにお越しください。
※帰りの市営バス(苫小牧駅方面) 16:58発があります。

○第23回研究例会 
 ミニシンポジウム「カナダ先住民の現在を考える」
○日時 2010年11月5日(金) 18:00〜19:30
○場所 苫小牧駒澤大学 C102中講義室

○報告
 1)福田理紗 「カナダ研修の概要」
 2)渋谷あゆみ 「カナダ先住民の現状を見て思うこと」

○パネルディスカッション(45分)
 カナダ研修参加メンバー(岡田路明教授ほか)
 司会:蓑島栄紀

○問い合わせ先
 〒059-1292 苫小牧市錦岡521-293 苫小牧駒澤大学
  0144-61-3124(環太平洋・アイヌ文化研究所事務局)

※入場無料。事前申し込み不要。

○第22回研究例会
 植木 哲也(苫小牧駒澤大学 教授、環太平洋・アイヌ文化研究所所長)
 「植民学講座のアイヌ民族研究」

 日時:2010年2月26日(金) 18:00〜19:30
 場所:苫小牧駒澤大学C102教室

○シンポジウム「厚真から考える〜擦文期からアイヌ期へ」

○主催:苫小牧駒澤大学環太平洋・アイヌ文化研究所
○協力:厚真町教育委員会 後援:苫小牧市博物館・(財)アイヌ民族博物館
○進行
 10:00      開場

 10:30〜10:35 開会の辞 植木哲也氏(苫小牧駒澤大学)

 10:35〜11:35 報告1 乾 哲也氏(厚真町教育委員会)「厚真町の状況」

 11:35〜12:05 報告2 森岡健治氏(平取町教育委員会)「平取町の状況」

 12:05〜12:55 (昼休み50分)

 12:55〜13:40 報告3 木村淳一氏(青森市教育委員会)「青森市の状況」

 13:40〜14:10 報告4 中田裕香氏(北海道教育庁)「厚真の擦文土器」

 14:10〜14:20 (休憩10分)

 14:20〜14:50 報告5 越田賢一郎氏(北海道埋蔵文化財センター)「厚真の大陸製品・本州製品」
                                           
 14:50〜15:20 報告6 蓑島栄紀氏(苫小牧駒澤大学)「史料からみた厚真の交流」

 15:20〜15:30 (休憩10分)

 15:30〜16:30 パネルディスカッション 司会 菊池俊彦氏(北海道大学名誉教授)

○日時 2009年11月8日(日) 10:30〜16:30
○場所 苫小牧駒澤大学 1F C102教室
○問い合わせ先
    0144-61-3124(環太平洋・アイヌ文化研究所幹事)
    ※入場無料・事前申し込み不要

※苫小牧駅北口〜駒沢大学バス所要35分 往路9:19発(9:56着)、9:49発(10:26着)があります。
※学生食堂は休みです
※終了後、苫小牧駅周辺にて懇親会を予定しております(当日受け付けます)


○第21回研究例会 
  ミニ・シンポジウム「中〜近世アイヌ文化期の平取・厚真」
 長田佳宏氏(二風谷アイヌ文化博物館学芸員) 
  「平取町の状況」
 奈良智法氏(厚真町教育委員会発掘調査員)
  「厚真町の状況」
 
 日時:2009年6月28日(日) 13:00〜17:00
 場所:厚真町埋蔵文化財整理事務所(旧かしわ保育所・厚真町本郷)

○第20回研究例会
 
植木 哲也(苫小牧駒澤大学 教授)
  「アイヌ学への反論」
   
 日時:2009年2月20日(金) 18:00〜20:15
 場所:苫小牧駒澤大学C102教室


○第19回研究例会
 
高木 良平(苫小牧駒澤大学 准教授)
  「北欧の先住民サーミ〜リレハンメル冬季五輪のヨイク」
  
 日時:2008年11月14日(金) 18:00〜19:30
 場所:苫小牧駒澤大学C105教室


○シンポジウム「丸木舟が照らすアイヌ文化−厚真町内発見の丸木舟をめぐって


○主催 苫小牧駒澤大学環太平洋・アイヌ文化研究所
○協力 厚真町教育委員会
○後援 苫小牧市博物館・(財)アイヌ民族博物館

○日時 2008年10月19日(日) 13:00〜16:20
○会場 苫小牧駒澤大学 大講堂

○趣旨
 昨年5月、厚真川河川敷で一艘の丸木舟が発見されました。年代測定の結果、約500年前(15世紀頃)のものである可能性が判明しています。近年、厚真町ではアイヌ文化期の豊かな発掘成果が続々と明らかになっています。また15世紀は、アイヌ民族を取り巻いて中国王朝や本州勢力などの動きが活発化する激動の時代でした。このシンポジウムでは、新発見の丸木舟の意義を考察するとともに、当時のアイヌ民族の生活や歴史像に迫ります。

○報告T(各20分)
 1 新発見の丸木舟の概要     蓑島栄紀 (苫小牧駒澤大学)
 2 丸木舟発見の経緯        金光宏明 (厚真町立軽舞小学校)
 3 アイヌ文化と丸木舟       岡田路明 (苫小牧駒澤大学)
      休 憩

○報告U(各30分)
 4 道内出土の丸木舟        田口 尚 (北海道埋蔵文化財センター)
 5 アイヌ・エコシステムと丸木舟  瀬川拓郎 (旭川市博物館)
 6 アイヌ文化期の厚真町      乾 哲也 (厚真町教育委員会)
      休 憩

○パネルディスカッション「丸木舟が照らすアイヌ文化」(30分)
16:20頃終了 丸木舟・民族文化資料室(本学ゲストハウス)見学

※入場無料・事前申し込み不要
※問い合わせ先 0144-61-3124(教務係)

○第18回研究例会
 
秋野茂樹氏(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構)
  「江戸期におけるアイヌの霊送り儀礼」
   
 日時:2007年7月6日(金) 18:00〜19:30
 会場:苫小牧駒澤大学C105教室


○第17回研究例会
 
石 純姫(苫小牧駒澤大学 准教授)
  「アイヌ集落における朝鮮人の定住化について」
   
 日時:2007年5月25日(金) 18:00〜19:30
 会場:苫小牧駒澤大学C105教室


○シンポジウム「イオル構想の実現を果たすには
            〜イオル構想が目指すものとは〜」
   日時:2007年1月27日(土) 13:30〜16:00
   会場:財団法人アイヌ民族博物館 講堂(映像展示室)
   主催:財団法人アイヌ民族博物館
       苫小牧駒澤大学 環太平洋・アイヌ文化研究所

   13:00 受付
   13:30 開会
   13:40〜14:40 基調講演:中村齋氏(アイヌ民族博物館館長)
              「アイヌ民族の子供たちのためのイオル構想」
   14:50〜15:50 参加者とのディスカッション
   15:50〜16:00 まとめ


○第16回研究例会
 
内 花枝(苫小牧駒澤大学 助教授)
  「アイヌ伝統料理の栄養的考察」
   
 日時:2007年1月26日(金)
 場所:苫小牧駒澤大学 C105教室


○第15回研究例会
 
植木 哲也(苫小牧駒澤大学 教授)
  「アイヌの墓を掘った学者たち」
   
 日時:2006年7月21日(金)
 場所:苫小牧駒澤大学 C105教室

○第14回研究例会
 
テーマ「地域・学校・文化」
  ロバート・オルソン(苫小牧駒澤大学 助教授)
  伊藤 勝久(苫小牧駒澤大学 助教授)
   
 日時:2006年5月12日(金)
 場所:苫小牧駒澤大学 C105教室


○シンポジウム「先住民サーミの文化と教育」
   日程: 2005年12月10日(土) 13:30〜16:45
   会場: 苫小牧駒澤大学 大講堂
   
  ・基調報告     
    中村 齋(アイヌ民族博物館館長)
      「社会教育機関としての博物館の役割」
    村井 泰廣(環太平洋・アイヌ文化研究所所長/苫小牧駒澤大学教授)
      「サーミの教育制度と歴史」
    高木 良平(苫小牧駒澤大学助教授)
      「サンタクロースとトナカイ」
  ・ディスカッション  
    大谷 知子(苫小牧駒澤大学4年) 中野 巴絵(苫小牧駒澤大学4年)
    能登 千織(苫小牧駒澤大学4年) 坂本 恭啓(苫小牧駒澤大学3年)
    小澤 尭大(苫小牧駒澤大学2年) 春日 里奈(苫小牧駒澤大学2年)
    矢崎 春菜(札幌学院大学1年)
  ・歌と踊り

  ※本行事は、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の助成(国際交流助成)を受けた事業の一部です。

○第13回 研究例会
  
小川 和美氏(太平洋諸島地域研究所主任研究員)
   「ソロモンの諸問題と解決への道」
   
   日程: 2005年7月21日(木) 13:00〜14:30
   会場: 苫小牧駒澤大学 一階 C105教場


○第12回 研究例会
  
北原 次郎太氏(財団法人アイヌ民族博物館)
   「トンコリの諸相」
   
   日程: 2005年5月27日(金) 18:00〜19:30
   会場: 苫小牧駒澤大学1階 C105教室


第11回 研究例会
  ・報告1 小野 哲也氏(厚真町教育委員会)
    「厚真町モイ遺跡〜擦文時代の儀礼遺構」
  ・報告2 中村 太一氏(北海道教育大学釧路校・助教授)
    「古代道路研究の現状と課題」
   
   日程: 2005年2月12日(土) 13:00〜15:00
   会場: 苫小牧駒澤大学 一階 C105教場


※本事業は、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の助成(中規模研究)の助成を得た事業の一環です。

○シンポジウム「アイヌ文化:博物館の役割と展望」
   日程: 2005年1月29日(土) 13:30〜16:40
   会場: 苫小牧駒澤大学 大講堂

 ・第一部 シンポジウム
  基調講演「博物館におけるアイヌ文化資料の展示と役割」
   デュプレイ・チサト氏(元スミソニアン博物館・学芸員)
  パネルディスカッション
   岡田淳子氏(北海道東海大学・名誉教授)
   青柳信克氏(旭川市博物館・副館長)
   中村 齋氏(財団法人アイヌ民族博物館・館長)
 ・第二部 文化交流事業
   アイヌのイオンルイカ・カムイユカラ 押野朱美・里架(苫小牧駒澤大学・学生)
   伝統芸能   静内民族文化保存会
   ムックリ講習 村木美幸氏(財団法人アイヌ民族博物館)


 
※本事業は財団法人アイヌ民族博物館との共催事業です。
   また、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の助成(国内交流助成)を得て開催されます。


第10回研究例会

  秋野 茂樹 氏(財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構)
   「北海道アイヌの動物神の送り儀礼〜シカの霊送りを中心に」
   
   日時: 2004年7月23日(金)、苫小牧駒澤大学

○第9回研究例会
   岡田 路明(苫小牧駒澤大学)
   「苫小牧のアイヌ語地名(U)
   
   日時: 
2004611日(金)、苫小牧駒澤大学

○アイヌ文化シンポジウム
  「胆振・日高におけるアイヌ文化の『地域性』」
   日程: 2004年3月6日(土) 13:00〜17:00
   会場: 苫小牧市文化交流センター(アイビープラザ)
 ・第一部 シンポジウム
   萱野志朗氏 平取の概況
   野本正博氏 白老の概況
   岡田路明氏 物質文化にみる地域性
   秋野茂樹氏 精神文化にみる地域性
   ※コーディネーター: 中村齋氏
 ・第二部 アイヌ伝統芸能公演
   ウタリ協会白老支部・鵡川支部

○2003年度秋セメスター期 アイヌ文化講座

 ・アイヌ刺繍講座 講師:砂澤代恵子 氏  10:40〜12:10

 ・アイヌ語講座   講師:岡田路明   氏  14:40〜16:10
 
日程: 2003年10月2日(木)から12月4日(木)まで
       
毎週木曜、全10回 会費無料
 会場: 苫小牧駒澤大学(刺繍講座 2F:C208:、アイヌ語講座 3F:C324)
  ※申し込み期日 9月30日(火) メール申し込み可


○苫小牧駒澤大学主催行事
  
〜日本語・アイヌ語・英語スピーチコンテスト
 日時: 2003年10月12日(日) 13:00〜
 内容: アイヌ語部門は、アイヌの神謡「キツネのチャランケ」(約2分30秒)の暗誦
  ※※※一般出場者募集中※※※
  →詳細へ


○第8回研究例会
 ・東 裕(苫小牧駒澤大学 教授)
  「環礁国家の生活と自立の困難性について
          ――キリバスとマーシャル諸島の場合」
  
 日時: 2003年7月25日(金) 18:00〜
 会場: 苫小牧駒澤大学(2F:C204)

○第7回研究例会

 村井 泰廣(苫小牧駒澤大学 教授)
  「アメリカ合衆国におけるベトナム難民の地理的分布」
 蓑島 栄紀(苫小牧駒澤大学 講師)
  「再考:『えみし』から『えぞ』へ」
  
 日時: 2003年5月16日(金) 18:00〜20:30
 会場: 苫小牧駒澤大学(2F:C205)


○2003年度春セメスター期 アイヌ文化講座
 ・アイヌ刺繍講座  講師:砂澤代恵子 氏  10:40〜12:10
 ・アイヌ語講座   講師:岡田路明 氏    14:40〜16:10
 日程: 2003年5月15日(木)から7月17日(木)まで
       毎週木曜、全10回 会費無料
 会場: 苫小牧駒澤大学(刺繍講座2F:C208:、アイヌ語講座3F:C324)
  ※申し込み期日 5月12日(月) メール申し込み可

※問い合わせ※
apc_tkomazawa@yahoo.co.jp
TOPへ