読書雑感

このコラムは、企業経営者、団体のリーダーなどの方々にご登場をいただき、読書を基本軸に仕事や生活、文化、芸術、経済、哲学、を語って頂くコラムです。
小沼肇子さん母娘の生活の機微とその信頼関係を軽妙なタッチでつづった「再学問のススメ」に続く第19回の今回は、この夏熱く燃える甲子園で決勝再試合を劇的に戦った駒大苫小牧高校野球部の「深紅の旗・その後」をお届け致します。筆者の蔵重俊男さんは香田監督が駒大苫小牧に赴任してから様々な形で支えてきた一人であります。北海道の高校では初となる甲子園優勝までの苦闘の10年間の物語は、当大学のwebで好評連載中であります。今回は、初めて深紅の旗を手にしてから今日までの時間を改めて、つづって頂きました。それは、夢を手にしたあの瞬間から、言い知れぬ重圧が監督、部員、蔵重さんら協力者の肩にまで重くのしかかってくる時間との格闘であり、恐ろしいまでの不安とあふれんばかりの期待の始まりでもありました。平成16年夏の歓喜の優勝から平成18年のこの夏、早実との激闘までの濃密な時間を書き記した言わば、特別版「深紅の旗・その後」を3回シリーズでお届け致します。きっと「何か」を感じて頂けるものと思います。どうぞお楽しみに!

■第19回 深紅の旗その後・「香田野球」新たなスタート 筆者:蔵重俊男

「深紅の旗は我にあり」著者 蔵重俊男

平成17年春季大会地区予選のブロック決勝は北海道栄高校、代表決定戦は鵡川高校をそれぞれ怒涛の勢いで破り勝ちあがった。11年目の新たな「香田野球」は、胆振地区の中でも、ライバル校を破っての価値あるスタートを切った。しかしながら文句のつけようのない投打のバランスで勝ち上がってきたかのようだが、「何か」物足りなさを感じさせていた。

昨年の秋からの課題で、冬の間のトレーニングで、ある程度は克服してきたようだが、「走塁」と「守り」の不安は「うーん、今一だな」と直感し私の脳裏にはさまざまな疑問と課題が残った。キャプテン林 裕也が率いるチームも“ 夏連覇!”などと新聞紙上では盛んに書き立てられてはいるが、私としては、甲子園に行く二ヶ月余りの間に、まだまだやり残されたことや問題点を一つ一つ解消し、成長過程のチームに対しては刺激が欲しい所だ。公式戦27連勝は過去のことである。この春季全道大会では調子の出ない吉岡をメンバーから外し、野手も数人入れ替えた。いつまでも勝ち続けるのは難しい。指揮官を始めとしチーム全体に知らず知らずの内に「心のスキ」が宿るものである。私自身、今まで一つ一つ勝つことへの執念を信じ、監督とチームを見続ける中で大きな喜びを感じていた一人だが、何故か心の奥底では夏の大会前までに一度チームを「どん底に落とすべき」と思っていた。おそらく、監督も同じことを考えていたに違い。それは練習の中でやれることなのかも知れないが、一番の効果は「公式試合で負けること」なんだろうなとぼんやりと感じていた。「驕り(おごり)」とか「重圧(プレッシャー)」とかではなく、三年生最期の夏、選手権に向けて心を一つにして欲しいとの強い願いもあったからである。しかしながら、そんなドラマを創れるわけでもないし、私は一体何を考えているのだろうと自分自身に怒りをさえ感じ始めていた。「どこかで負けて欲しい」なんて今まで一度も思ったことがなかったのに、不思議な心境にかられていた。そんなことを思うことすら、選手である子供達やその親達には申し訳ないことなのに。「練習場での、子供達の目線や、動き、姿、声のトーン」など何かが違う。そんな周りの空気を感じ取っていたのは私だけだろうか。ふと、駒澤大学の前監督・太田 誠氏の「姿」、「声」即ち「心」と言う色紙の言葉を思い出していた。空気が違うと言うより一言で言えば「心に宿る敵、見えない敵は、我が心にあり」と感じとっていた。そう思いながら、春季全道大会の初戦『負けろ。ここで負けろ』ここで負けなければ、「甲子園」もなければ「連覇」もないぞと思う心と、「いやいやここで勢いをつけて夏の選手権へ弾みをつけて行くんだ」と願う気持ちが自分の中で激しくぶつかり合い、心中はとても複雑であった。

試合が始まると、やっぱり今のチームはどことやっても負ける要素がないなと見入っていた。4点差をつけ横綱相撲の展開になるのかと思いつつも、白樺のベンチの様相も彼らの鍛えられた迫力や自信のようなものが、回を追うごとに大きな渦を巻いて伝わってくるのだった。それは白樺の守りのリズムや攻撃が圧倒的な力となり、あたかも駒大苫のリズムを奪い取っていくかのようにも思えた。高校野球では「乗ってきたな」と良く表現するが、正にその光景が目の前にあった。「やばい」本当に負けてしまうかもしれない。私はなんと言うことを考えていたんだろうと、しだいに激しい自己嫌悪へと変わっていった。

ゲームの流れは完全に白樺ペースだ。速球派のエース格、松橋拓也、田中将大の二人をつぎ込んでも白樺打線の勢いを抑えることは出来なかった。ついに逆転をゆるしてしまった瞬間、私の頭の中は真空となり、応援していた周りの親達の顔をまともに見ることが出来なかった。少年野球からの親しい青地夫妻にも「残念だったね、夏が本番だから」と一言交わすのがやっとだった。10残塁に三失策、出る投手は総崩れでは、夏どころの話ではない。相手ベンチは優勝をしたかのように肩を叩き、喜び抱き合い、歓喜の頂点に達していた。私は両校の応援席が一喜一憂しているその光景を、瞬きもせずじっと目に焼き付けた。それこそ「やばい」いや「これでいいんだ」と何度も心の中で繰り返し、自分を納得させるように呟いていた。

数年前、甲子園に一番近いと言われた西尾主将が率いる強力なチームも三年の春の地区予選一回戦で敗退した時の光景を思い出していた。チーム全体の統率と言うか、結束と言うか、負けることによって再びスタートラインに立てたような気がした。悔しいのは皆同じだが、白樺学園に感謝し選手権の前に一番の薬を与えてくれたと思ってくれれば良いと思った。やっと、香田野球も11年目で「高校野球の原点」に再び戻ることが出来たんだからと自分に言い聞かせ必死に心を落ち着かせていた。周りの友人達から「負けたな」と何本かのメールが入ったが、「なかなか良い負けだったよ」と強がりの返信をした。

いよいよ、監督の「北のチャレンジャー」として、三年生の集大成、夏の選手権に向けて猛練習が始まる。翌日、休みで暇を持て余していた私は、今日の練習風景を思い描きながら、早めにグランドに顔を出した。既に練習は始まっていた。目を開けていられない程のノックの雨が降りそそいでいた。ユニフォームの上着を脱ぎ捨て、内野に陣取る投手陣。もう足も手も出せないほどフラフラのゆで蛸状態だが、監督のノックは暫らく終わりそうにもないなと思い、外野に目をやる。こちらも部長、コーチがノックの大雨を降らせていた。「声のトーン」やグランドを駆け回る「姿」に、正に私が描いていた「目に見えない自分の心の中にある敵」と戦う「香田野球」が、しっかりとそこにあった。「がんばれ裕也」「監督に負けるな」と心の中で必死に声を掛け自分の感情が伝わるかなと凝視していた。そんな彼らには白樺学園が見せつけていた「迫力」と「自信」と「チームワーク」を自分達にも取り戻して欲しいと思った。指揮官の真剣な眼差しの中に、時々笑顔で応えるノッカーと野手の会話は実に楽しい。絶妙なノッカーのボールを追う姿を見ている内に次第に嬉しさが込み上げ、何とも形容しがたい「感動」に私は激しく心を揺さぶられ、涙腺を押さえることが出来なかった。これで夏の「甲子園」は間違いないなと安心して、隣の少年野球場に顔を出した。すると、皆さん口を揃えて、今日の駒澤はすごい迫力を感じると言っていた。やはり練習を見なくても、声の質やボールを打つ音だけで、「何か」を感じさせるものなのである。その中でも一番大きな声を出していたのは、やはり監督であった。今日の汗で体重も少しは減ったかも知れないなと思いつつも、子供達の心理をつかみ取り常に向上心旺盛な指揮官「香田誉士史」は、以前と変わらぬ実に頼もしい男だ。「永遠のテーマ」を追い求めながら一人一人の個性をグランドと私生活の中から引き出していく。「やっぱり日本一の監督」なんだと改めて実感し、再確認したのであった。

私は、香田監督や野球部と過ごしてきた10年以上にも及ぶ長い濃密な時間の中で、生き方と人としての在り方を学ぶことが出来たように思う。社会は時として思わぬ難題を持ちかけてくるものである。そうした時、私は学んだものから、ふつふつと沸き上がる力強い思いに幾度となく勇気づけられてきた。こうして原稿を書いていると、そのことが私の生涯の大切な宝物であり、大きな喜びであることをひしひしと感じるのである。

2006年10月21日脱稿

=3回シリーズ・その1(了)次回に続く=

■筆者プロフィール
蔵重 俊男(くらしげ としお)さん [ 「深紅の旗は我にあり」著者 ]
住所: 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連絡先: 0144-55-5069
生年月日: 昭和25年6月20日【55歳】
出身: 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】
(S60年1月〜H18年3月)
北海道スバル(株)カースポット月寒。現在に至る。
趣味: 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法

上へ移動↑