読書雑感

このコラムは、企業経営者、団体のリーダーなどの方々にご登場をいただき、読書を基本軸に仕事や生活、文化、芸術、経済、哲学、を語って頂くコラムです。
小沼肇子さん母娘の生活の機微とその信頼関係を軽妙なタッチでつづった「再学問のススメ」に続く第19回の今回は、この夏熱く燃える甲子園で決勝再試合を劇的に戦った駒大苫小牧高校野球部の「深紅の旗・その後」をお届け致します。筆者の蔵重俊男さんは香田監督が駒大苫小牧に赴任してから様々な形で支えてきた一人であります。北海道の高校では初となる甲子園優勝までの苦闘の10年間の物語は、当大学のwebで好評連載中であります。今回は、初めて深紅の旗を手にしてから今日までの時間を改めて、つづって頂きました。それは、夢を手にしたあの瞬間から、言い知れぬ重圧が監督、部員、蔵重さんら協力者の肩にまで重くのしかかってくる時間との格闘であり、恐ろしいまでの不安とあふれんばかりの期待の始まりでもありました。平成16年夏の歓喜の優勝から平成18年のこの夏、早実との激闘までの濃密な時間を書き記した言わば、特別版「深紅の旗・その後」を3回シリーズでお届け致します。きっと「何か」を感じて頂けるものと思います。どうぞお楽しみに!

■第19回 深紅の旗その後・「優勝旗を全員で返しに行こう」
                         筆者:蔵重俊男

「深紅の旗は我にあり」著者 蔵重俊男

春の甲子園選抜大会、神戸国際大戦、大西投手の前に、一安打での敗戦。手も足も出ずして悔しい負けを喫した。そして、春季全道大会での初戦、白樺学園との打撃戦での逆転負けは彼らにとって、夏への不安は募るばかりだったに違いない。こうした不安も経験豊富な香田監督は、佐賀商業時代を思い出しながら指揮を執っていく。佐賀商時代、甲子園に3度出場しながらも、甲子園帰りの後の練習試合は、どんなことをしても、勝てなかったどん底の時期を体験している。「なんでだろう。何故勝てないんだろう」、「もう、このチームでは勝てないのではないか」と、来る日も、来る日も不安が募り、悩み考えていた事を、今では、自らのパフォーマンスで、「逆境を乗り越えた経験」と「チームワーク」の大切さを不思議なパワーでチーム全体に浸透させていく。こんな所にも、「香田野球」の強さの秘密が潜んでいる。一戦々々夏の選手権に照準を合わせ、チームの士気を高めていく。昨年以上の厳しい練習を乗り越えてきた彼らの「満足感」が「自信」に繋がり、キャプテン林 裕也を中心にした、戦う集団が形成されていく。個々の潜在能力が、更に引き出され競争心を掻き立てる。心の甘えは許されない。練習試合後の反省も、課題を徹底的に克服し、デェフェンスを鍛え上げていく。もう、春先のような悲壮感は伝わってこない。「走ること」「打つこと」「守ること」「ベンチのムード」そして、何よりも大切な「グランドでのマナー」は香田監督の指導が徹底され、重い空気や不自然に漂う心の「スキ」のようなものも払拭されていた。「これだ」これで次のステップへ大きく踏み出せそうだ。
卒業していった諸先輩達にも誇れるように、大きく胸を張って行進し、選手権大会の地区予選、全道大会に臨んで行く。

室蘭支部予選、Aブロック苫小牧南を11対1、えりもを9対0、決勝の伊達戦も10対0とコールド発進し昨年の夏を思い出させるような雰囲気があった。Bブロック代表は鵡川、Cブロック代表の道栄はそれぞれ難なく全道大会へ駒を進めた。この勢いは全道大会でも、ますます加速されていく。道内の各地から、連日多くの高校野球ファンの方々が観戦し、円山球場ではプロ野球を追い越す観客動員数が発表され驚いた。特に駒澤との試合は超満員になり、試合のプログラムも完売となっていた。

ある中学校の野球指導者は、香田監督のシートノックを、一部始終ビデオに納めていた。「香田野球の強さの秘密」が何処かにあるのではないかと言うのである。私はすかさず「シートノックの最後を見てください」と一言だけ言い残した。おそらく、監督や捕手の仕草に、何かのヒントを得た事と思う。色んな相乗効果が期待され正に、高野連関係者にとっては嬉しい悲鳴なのかも知れないが、過熱気味な報道によって、高校生の心を蝕む事の方が多々ある。その都度、指導者は、子供達が掲げた目標を再認識させる仕事が増えていく。 それと同時に、道民の連覇への大きな期待が、選手監督の底知れない重圧にもなっていく。

いよいよ、南北海道大会の初戦、札幌第一との戦いは、少し硬さを見せながらも、6対4で勝利し、国際情報を5対0で完封。兄弟対決、駒大岩見沢との試合は9対0で勝ちそうした重圧を感じさせない圧倒的な強さを見せていた。林の先制ホームランで勢いづいた子供たちは、甲子園に王手を掛けた。しかしながら、南北海道大会の決勝戦は、北照プロ注目の投手、加登脇をどのように打ち崩すかであり、打者としても素晴らしい天性の素質を持ったキーマンを、どう抑えるかにあった。この夏、エースナンバーを付けた松橋が何処まで、自分の納得したピッチングが出来るかも注目だった。春先130キロ台しか出なかった球速も140キロ後半を連発するようになり、本来の「松橋」になった。私も嬉しさを控え目にしながらの応援。堂々と6回を完封していく姿は、実に頼もしく感じられた。

7回を1失点で切り抜け、田中にバトンを手渡す。立ち上がり不安定な田中の投球も、力でねじ伏せようとする性格の強さが仇となり、9回二死から軽々と西森にセンター前にはじき返され、いよいよ加登脇との対決になる。ネクストバッターズサークルから必死に何かを願う加登脇の姿にはオーラが漂い、タイミングも松橋の時とは違っていた。気力と言うか周りの空気が加登脇のバッティングを加速した。過去にも何度か同じ様な雰囲気を味わった事があったが、やはり、ひとり相撲の結果がツーランホームランになってしまった。それも特大の場外アーチだった。それまで、チームが再三、松橋のバント処理の好プレーやセンター本間の守備力、センターに抜けて行こうかとする打球を、再三に渡っての好捕した林の守備を、一瞬にして撃沈させた一球だった。あれがホームランでなく、三塁打だったら、まだまだ、北照の攻撃は続いていったと思う。幸いな事にホームランと言う結果で終わったから言える事で、次打者植村とは真剣勝負になった。田中対植村、力関係から言えば、田中が上回っているが、一つ間違えばと言う憶測もあり胸の高まりを感じていた。最期はキャッチャーフライに収めた瞬間、「連覇」の声と「皆で優勝旗を返しに行こう」と言う彼らの目標は叶えられた。デェフェンスの差と野手の判断力が明暗を分けた。

しかしながら、加登脇卓真と言う男が魅せた劇的なシーンは、道内の高校野球ファンや後輩たちの目に焼き付け、語り継がれて行くように感じ取れた。試合後、ダッグアウトの中で林裕也が、涙ながらにインタビューに応えている姿を見て、ここまで来る為のプレッシャーは、大人の我々でも想像がつかない位、キャプテンとしての裕也に、ズッシリと重くのし掛かっていた事が分かった。久々に監督の胴上げも見ることが出来た。胃の調子は大丈夫かなと思いつつも、この日の胴上げは、いつもと違い、握り拳を突き上げるでもなし、ナンバー1の、ひと指し指を突き出すでもなく、大きく広げた手の平を天に向けての胴上げだった。この意味は大きいなと、じっと監督を見つめていた。この瞬間から「甲子園」での戦いが既に始まっている事を察した。「永遠のテーマ」を求めながら、「香田野球」が「連覇」へ挑む瞬間でもあった。

南北海道大会前、毎年、「深紅の会」が主催する激励会の中で、監督の一言に「連覇と言うより北国のチャレンジャーとして自分たちの野球をやるだけで、今年も北海道の皆さんに、感動を与えられるような試合をして、永遠のテーマを追い求めていきたい」と歯切れの良い言葉を思い出していた。第86回の優勝後、監督のお母さんと過去を振り返りながら、親子の苦労話を手紙に書きとめ「今の勢いなら、30才代でもう一度、40才になっても二度、三度全国優勝をするかもしれませんね」と冗談交じりで会話をしていた事が、いま正に、その切符を手にした瞬間でもあった。数日後、甲子園出場後援会が発足し、それぞれの組織が稼動し寄付集めに奔放する。

いよいよ甲子園での熱い戦いが始まる。第87回大会も二回戦からの戦いで、初戦は宮崎代表の初出場、聖心ウルスラ学園を先発松橋が5対0の二安打完封し、私の友人である大阪の冨澤茂ご夫妻と初戦を観戦した。冨澤氏は北海道の出身で、駒澤が甲子園で戦っている光景をプロ顔負けのアングルで激写し、毎年子供達にと、写真を私の所に送ってくる。最近は、控え選手や監督コーチを撮って欲しいとリクエストすると、これまた、ベンチサイドからの素晴らしい写真を頂き、監督と私には自作のアルバムを製作してくれる、そんな律儀な方である。冨澤氏の子供さん達が通学する日本航空の初戦、福井商との打撃戦も応援席で見入っていた。駒澤、日本航空と初戦を勝ち二人は祝杯をあげながら、三回戦を戦う複雑な心境を語り合った。試合は駒澤が初戦の勢いで日本航空を16安打の13対1で圧勝する。田中の好投が光った。松橋、田中の両投手が刺激し合い、いい形で勝ち上がった。準々決勝は今大会ここまでNO1の強打を誇る徳島代表の鳴門工戦。前半松橋が失点を重ね、田中に繋ぎじっとチャンスを待つ。7回岡山のライト前ヒットと右翼手の捕球のスキを突き、一気に二塁に突進する。慌てた送球は、遊撃手のエラーを誘い、更に左翼手のカバーリングが遅く、三塁まで進んだ。普段着の、このプレーひとつで「一気に攻め立てる」1対6の劣勢もあまり苦にならないムードが伝わってくる。「乗ってきたな」今日は一本のヒットと走りのリズムから「ベンチのムード」も変え、「香田野球」の勢いは、更に力強い打球が内、外野に飛びエラーも誘い出していく。同点、そして逆転、こいつらの精神的な強さは一体何処から来るのだろうか。投げては田中が12奪三振で、後半の勢いに繋げ力投した。

準決勝はスター軍団の大阪桐蔭。今大会のNO1左腕辻内を中心とするデェフェンスと、攻撃力は四番平田を中心にした切れ目のない長打力で勝ちあがり、バランスのとれた今大会最強軍団だ。しかしながら、連投の辻内を前半で捕らえ、林のヒットで打線が繋がり一気に五点を先制する。しかしながら、辻内は3回以降復活し、9回まで二安打と素晴らしい本来のピッチングを披露し、8回、9回と六者連続の三振は圧巻だった。「左腕NO1の称号を持つ怪物」がマウンド上で仁王立ちに構えていた。後半桐蔭の下位打線が火を噴いて、田中に襲い掛かり、7回一死二.三塁、この試合最大のピンチの場面で、監督が「静」から「動」へと移った。気持ちを前面に出す田中から、球速が130キロ程ではあるが、コントロールが良く冷静な吉岡を起用した。四番平田はタイミングが合わず中途半端なバッティングでショートゴロに仕留められる。しかしながら、その間に三塁ランナーが還り同点となった。延長に入り、またもや、林の二塁打、そしてバットの握りを、ひと握り半も余した辻が、辻内の投じた高めのストレートをライト線にはじき返して決勝点をもぎ取った。最終回もランナーを出しながら、最期のバッター平田を、小山の好リードと冷静な吉岡の投球術で三振に仕留め勝利した。吉岡への投手交代により全員で勝ち得た「香田野球」が更に加速し、この勢いはもう誰にも止められない雰囲気になっていた。

毎試合終わる度に、帰りのバスの中は甲子園のグランド以上に燃え上がり、爆笑の渦になると言う。その中心人物は勿論、「監督業」を離れた香田誉士史だ。こうしたムードづくりは彼、独特のものである。決勝戦の前日、優勝、準優勝にかかわらず「深紅の会」もお祝いの準備をしようと話し合っていた。優勝すれば57年振りの快挙と言うが、我々にはピンとこない話だ。けれど、高校野球の歴史に深く名を残すことになる。

京都外大西との決勝戦当日、私は高校のイベントホールで多くの野球ファンと共に声を嗄らし、ブラスバンドOBと共に士気を上げていた。高校野球で知り合うまでは、見ず知らずだった多くの方達が私を暖かく迎えてくれた。「さあー今日は甲子園にいる応援団と同じ気持ちで行こうぜ」と意気込みを見せると即席応援団も直ぐに乗ってきた。先発松橋が1失点で田中に繋ぐと、田中は期待に応えながら、巧みな投球術で徐々に体のキレがよくなっていく。140キロを連発しフォーク、高速スライダー、威力のあるストレートで最終回の三者連続三振は、今でも鮮明に脳裏に焼きついている。今大会最速150キロの度肝を抜くストレートで好打者寺本のバットは空を切った。この瞬間「連覇」「永遠のテーマ」を求めた「香田野球」は再び頂点を極め、深紅の大優勝旗が、津軽の海を渡る。一年間の重たい荷物から解き放たれた瞬間でもあった。

イベントホールも万歳の渦に包まれ、私も握手責めになった。しかしながらテレビの前の監督インタビューが何処となく不自然に感じた。何だろう、何かあったのかなと思わせるような表情に不快感を感じていた私は、報道陣が言うように「重たい荷物を背負って365日の第一歩を踏み出す不安感」なのか、もう一つ違った意味合いを察し始めていた。翌日、1500人程を超えるイベントホールでの優勝報告をする部長の挨拶も、「我が心、ここにあらず」の、そっけなさを感じてとっていた。その余韻は大きなうねりとなって目の前に待ち構えていようとは、ごくわずかな関係者以外ただ一人として知る由もなかった。

2006年11月27日脱稿

=3回シリーズ・その2(了)次回に続く=

■筆者プロフィール
蔵重 俊男(くらしげ としお)さん [ 「深紅の旗は我にあり」著者 ]
住所: 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連絡先: 0144-55-5069
生年月日: 昭和25年6月20日【55歳】
出身: 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】
(S60年1月〜H18年3月)
北海道スバル(株)カースポット月寒。現在に至る。
趣味: 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法

上へ移動↑