コラム

ホーム > 深紅の旗は我にあり

深紅の旗は我にあり

バックナンバー

書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。

 

■お礼                         著者: 蔵重 俊男

毎年正月に、1年間を振り返って、香田野球のスクラップを整理するのが楽しみの一つであり、思いを寄せながら今年はどんなドラマが待ち受けているのか、そして、大舞台で戦う姿を想像し、平成16年度も春季大会が終わると、3年生も夏の選手権で学生生活も終え、巣立っていくんだと思いつつ、いつものように筆を走らせていた。しかしながら、圧倒的な強さで、春季大会優勝、夏の選手権で全道優勝を飾り甲子園でも一気に頂点を極めてしまった。この光景をどのように、表現するか迷っていた。さまざまな、記者の方々がプロとして見る「香田野球」に対して、私は純粋に今まで通り書き続けるしかなかった。私の主観で捉えているため、皆様の意を尽くせないところも多々ある事と思います。また、多くの方の関係者に、ご協力いただいての出版に至りました事、改めてお礼を申し上げます。

10年の歳月を振り返ったとき、会員のご協力で、5年目で「深紅の会」を立ち上げて10年目で一つの区切りとしての「道のり」を発行することが出来ました。私は監督を長い間、見守ってきただけで、監督の為に何をやってきたのかと暫く考えていた。監督の為ではなく自分自身に満足感を求めていたのかもしれないなと思うようになった。おそらく今は亡き監督の父も私と同じく満足してくれたかな?と思っている。監督と出会った時から私はいつも子供心に描いていた「夢」を見続けていたのではないだろうか?と時々頬をつねってみる。心地よい痛さだ。大きな夢を叶えてくれた男

「それは香田誉士史という明治の心を持った北海道の高校野球開拓使だった」

=全26回シリーズ完結!=

(注)今回の「お礼」原稿は、2005年7月16日に発行された同書の巻末に記載されたものです。

■編集者より

苫小牧駒澤大学のwebサイトで、香田監督と駒大苫小牧野球部の10年間に及ぶ物語を綴った「深紅の旗は我にあり」の掲載を始めてから3年余りの月日が経ち、今回で全26回シリーズの掲載が完結しました。実に多くの読者、ファンの方々が当サイトを訪れ熱心に読んでくださいました。無名の高校野球部が一人の心熱き青年監督を得て永遠の見果てぬ“夢”“津軽海峡を深紅の旗が渡る夢”を実現した物語は、深い感動とそれぞれの感慨と思い出とともに楽しんでいただけたことと思います。毎回熱心に読んでくださった読者の皆さんには心からお礼を申し上げます。さらに、筆者の蔵重俊男さんにも本当に心からの感謝とお礼を申し上げたく思います。
この春、物語の熱血青年監督は、新しい人生を歩むことを決断いたしました。その未来に多幸を願うとともに、私たち自身をまた、次の一歩を踏み出さなければならないと思います。長い間ご愛読ありがとうございました。読者の皆さんのご多幸を祈って・・・。

■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月~47年12月)
蔵重自動車(S48年1月~59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月~現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら
 

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑