深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
 一昨年夏の甲子園に続き、平成17年の夏の甲子園連覇の偉業を成し遂げ、さらに国体高校野球の部優勝、そして明治神宮野球大会優勝という驚くべき実績をあげることが出来、平成18年の春の選抜大会の出場権もほぼ確定しているようで、本当にとても嬉しく誇りに思えることです。「感謝と一生懸命」を胸に秘め、驕ることなく素直に戦う選手たちの姿や日々の暮らしを大切にする姿勢は、香田監督就任の10年前に始まったような気がいたします。
 この本からは香田監督が悩み決断する真摯な姿、著者蔵重さんや多くの理解者、協力者が監督や野球部を支える姿が詳細な文章から鮮明に浮かび上がってきます。
きっと何かを感じて頂けるものと思います。全国のみなさん、どうぞお楽しみに!
■第1回 はじめに  著者: 蔵重 俊男
 2004(平成16)年8月、真夏の夢が現実となり、大きな感動を高校野球ファンの皆様と共に味わう事ができた。あの興奮は今になっても冷めることがなく、あの一瞬を思い浮かべるたびに心が揺れ動いている。今までの人生の中でこれほどまで感動を与えてくれたものがあっただろうか。高校野球を通して身近な存在のこのチームに対して、2003(平成15)年、夏の甲子園で雨天コールドによる再試合での敗北から、勝つことへの思いはどこのチームよりも強いものが感じられた。思い念ずることで甲子園での1勝の重荷も、先輩達と共に身をぼろぼろにしながら一冬越すことで、精神的にも逞しくなり子供達のリベンジが始まった。そしてじっとその時を見つめていた一人でもある。
 監督を補佐する茶木圭介副部長(現部長)と茂木雄介コーチの二人は、2001(平成13)年の第83回夏の選手権に、香田監督が甲子園初出場した時の臨時コーチ役で、二人とも苫小牧駒澤大学野球部に在籍していた。
監督の甲子園初出場に尽力し、愛媛県代表・松山商業戦6−7と惜敗し、2003(平成15)年選抜では関東代表・藤代(茨城県)戦1−2とまたも1点差ゲームを落とし、同年夏の選手権、岡山県代表・倉敷工業戦は雨天コールド再試合2−5の敗退。彼らにとっても甲子園の1勝の重みは誰よりも強く感じている。今こうして筆を走らせながら監督の人柄と、それを取り巻く人脈の深さをたどり、一歩一歩階段を昇ってきた10年間を回想してみた。涙あり、そしてそれを支えてくれた多くの人たちの姿を追ってみた。
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑