深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
 一昨年夏の甲子園に続き、平成17年の夏の甲子園連覇の偉業を成し遂げ、さらに国体高校野球の部優勝、そして明治神宮野球大会優勝という驚くべき実績をあげることが出来、平成18年の春の選抜大会の出場権もほぼ確定しているようで、本当にとても嬉しく誇りに思えることです。「感謝と一生懸命」を胸に秘め、驕ることなく素直に戦う選手たちの姿や日々の暮らしを大切にする姿勢は、香田監督就任の10年前に始まったような気がいたします。
 この本からは香田監督が悩み決断する真摯な姿、著者蔵重さんや多くの理解者、協力者が監督や野球部を支える姿が詳細な文章から鮮明に浮かび上がってきます。
きっと何かを感じて頂けるものと思います。全国のみなさん、どうぞお楽しみに!
■第3回 九州遠征がスタートした年  著者: 蔵重 俊男
 1995(平成7)年の春を迎え、初めての遠征は九州佐賀で始まり、全国レベルの野球を目のあたりに勉強してこようというものであった。

 現地では佐賀商業のバスをお借りし、宿泊先も低料金にしていただいたり、食事も監督のお母さんが手伝いにきてくれた。初めての合宿、佐賀商業との合同練習を含めて数試合をこなし、佐賀商業の方々には大変お世話になり、一応の手ごたえを掴んで帰苫した。結果は二の次としながらも、なかなか勝てないチームも、なんとなく監督の指示通りに子供達が動き回るようになってきた。合宿の効果も見え隠れし、失敗またも失敗の繰り返しではあるが何かをやろうとしている。それは「高校野球の基本的なことだった」。負ける事から一つひとつ監督と子供達の学習能力が芽生えてくる。

 そして第34回春季北海道大会の地区予選は監督として初采配となった。浦河との初戦8−3で勝利し、まずまずの船出となるが、2回戦は現部長である茶木圭介主将が率いる道桜ヶ丘との対戦。前年秋の大会ブロック決勝で、惜しくも苫工に惜敗した走攻守揃った強豪校であり、0−7の完封を喫してしまうほど強かった。当時の苫小牧・室蘭ブロックは苫工、道桜ヶ丘、室蘭大谷と強豪校が肩を並べていた。このブロックを勝ち抜くのは並大抵のことではないと実感した。

 第77回の夏の選手権大会地区予選は、参加校31校を条件に3代表から4代表枠となりチャンスが巡ってきた。初戦静内農業を3本塁打で13−0の5回コールドでくだし、滑りだしは順調で良かったが、2回戦、苫東に大差の1−9で敗退する。春とは違ってさらに野球らしくなってはきたが、まだまだの感じであった。

 しかし、応援席やバックネット裏では「おい、香田は何やっているんだよ」とか「しっかりしろよ!」と罵声がしきりに飛び交っていた。試合が終わっても監督に対して「おい!香田!」と呼び捨てる者の多いこと。いったいこの連中はどうなっているのだろうと思った。いくら若いにせよ「監督に対して呼び捨てはないだろう」とつくづく思った。

 地区予選も2回戦まで駒を進め、試合の内容としては、一応の成果は感じられたのではないだろうか。監督としても歯がゆい場面や目を覆う場面は何度も何度もあった。しかし向上心旺盛な九州男児はすぐに考えを切り替え、次のチーム作りに目を輝かせながらスコアボードを見つめ、球場を後にした。

 休む間もなく新チームの練習が始まり、新キャプテンは但野尊重に決まった。練習中は以前より皆、声を出し合っている。見た目はいいが練習後の私生活を乱すものも後を絶たない。「これじゃぁ野球どころじゃないなぁ」、石塚部長は父母とのパイプ役に年数回の野球部としての新聞「ホップ・ステップ・ジャンプ」を発行し、柔軟な姿勢を父母の会に伝えてきた。さすが長い間サッカー部を支えてこられただけの、なかなかの人格者である。香田監督を上手にエスコートしているようにも見受けられた。夏が終わったばかりなのに、もう秋の新人戦が始まる。

 第48回北海道秋季高校野球室蘭支部苫小牧ブロックの始まりである。1年生の渡辺岩太がエース番号を着け、えりも高校、苫高専を破り苫工との決勝は、好投手小野健太郎(函館大学−現NTT北海道)を擁する苫工に軍配があがり、またもや、この地区を抜け出すことの難しさを味わうことになる。試合を見に行く度にどんどんセンターラインを中心にした野球が確立されてくるようになってきた。この冬をどう過ごすかまた、彼らの負けからくるコンプレックスをどのように解き放つか、この冬の課題のようにも見えてきた。「野球以外の学校生活も私生活もきっちりやらねばなかなか勝つことはできない」という彼の持論は、この冬にはさらに厳しいトレーニングメニューと共に始まった。

 ある日このようなエピソードがあった。2年生がランニング途中でいつものコースより近道をして帰ってきたのである。時間を見計らって監督が途中で見ているにも気づかず、いつもより早い到着に激怒した。呆然として立ち尽くす2年生。それよりも後から、のこのことやってきた1年生に対して、先輩のそうした行為を知りながら無言でいることが許されなかった。

 監督の気持ちはおさまらず、「そんなやつは野球をやる資格はない。社会に出ても通用しないぞ」と怒鳴っている姿は熱血漢そのものだった。「野球を教えるのもばかばかしい」と言ってその場を去った。このようなことは日常茶飯事で、その後も何度も同じ事が繰り返され、子供達との根比べが続いた。先輩達が後輩を、あごで使うことや、道具の後片付け、グラウンドの整備はもちろん「全員声をかけあってやらなきゃチームワークもあったもんじゃないだろう」と隣の少年野球場にも怒鳴り声が響いてきた。「おぉ今日もやってるな」「まだまだ時間がかかりそうだな」とも思いながら、彼のもがき苦しんでいる姿を毎日のように見守っていた。監督に負けないくらいの声を出すものも何人か出てきた。体の大きいもの、小さいもの、体力をつければ同じで「どんどん飯を食って体を大きくすれよ」と室内練習場でも「お前飯食ってんのか!」とどやしている声はなかなかどすがきいて監督らしくなってきた。

 父母の会でもなかなか甲子園出場を語る人が少なかったようだ。学校側も野球部に対して勝って実績を残さなければ何もやってくれない。本格的な冬を前にして、父母の会の皆さんが集まってグラウンド納めとして古いバッティングゲージやバックネットの修理をやっていた。山本克己氏は電気溶接でサビついたバックネットの修理にかかり、他の父母達は投球練習場のテントを外したり、すっかり冬の準備をしていた。北海道の冬はいつもこうしたグラウンド納めを毎年やっているのが恒例だ。室内練習場もサッカー部やブラスバンド部などが時間制で使用するので、なかなか思うようには使えない。自然に練習メニューの組み方も変わってくるし、監督自信まだまだこんな練習じゃ甘いといつも思っていた。自分の思うようにならない冬の練習、ただもがいている自分に嫌気が差してきた。

 来る日も来る日も悩み続け、どうして寒い北海道に、ましてや好きなように野球がやれないジレンマとの戦い。監督として認めない周りの環境。後に監督のお母さんがこの時のことを話している。「もう帰りたい」と言う監督に対して、「自分が選んだ道じゃけん親の反対押し切っていっとってから何言うとると。そんな中途半端なことしよって、恥ずかしかなかと!」と毎日のように電話をして励ましたという。電話の向こうのお母さんは「なんで北海道なんだ」と思いながらも優しい言葉はかけられず、親の胸のうちは明かさず、監督に怒鳴ってばかりいたと話していた。中学2年の時にお父さんを亡くし、その時、兄と母は母方の武藤の姓を名乗ったが、本人は頑なに父方の香田の姓を名乗るとお母さんに言ったそうだ。こうした頑固さは、まさに九州男児そのものである。お母さんはその後、遠く離れた九州から我が子を思い、地区予選の試合が始まる頃には何度か苫小牧を訪れ、食事をしながら監督の心を癒すことになっていく。
・・・全26回シリーズ。次回につづく・・・
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑