深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第5回 「For the team」のスローガンでスタート  著者: 蔵重 俊男
 1996(平成8)年も九州遠征が行われた。新入部員の数名が自費参加し、父母の会も渡辺和雄氏の案で、今年も野菜を送ったり、食事の世話が出来ない分、佐賀商業の方々にも大変お世話になる事で、何らかの形で支援した。10日間の日程での成果は徐々にではあるが結果を残してきた。西日本短大付属などには大差で負けた試合も何らかの意味を持つ試合になってきた。長崎日大や鳥栖高校など甲子園出場経験チームとの試合や佐賀商業との合同練習は満開の桜のように十分な結果をもたらした。

 なんといっても佐賀商業野球部スタッフの心遣いで連日野球部バスで移動させてくださったことや、後援会の皆様や監督のお母さんの心温まる配慮に感謝とお礼を申し上げずにはいられなかった。結果を出さなくては、せっかくの強豪高校への遠征も水の泡になる。

 1996(平成8)年は、「 For the team 」のスローガンでスタートを切った。4月以降の練習試合日程も過密スケジュールだ。練習試合の中から何かを見つけ出そうとする闘将は18名の新入部員に競争心を植え付け始める。石塚部長の発行する「ホップ・ステップ・ジャンプ」には「情熱」「忍耐」「集中」「誇り」の4文字が刻まれている。そして一つ目として常に周りに気を配れる人間になること。二つ目として自分さえよければという気持ちを捨てること。三つ目には人の痛みがわかる人間になること。四つ目はチームメートと何でも分かち合える人間になることと書かれている。グラウンドでの一挙手一投足も日常生活の中から生まれる。日常生活がきちんと送れないものはグラウンドでもボロを出し、常にみんなが「チームのため」という気持ちを忘れず、努力を続けなければ、夢の甲子園は現実のものとはならないと締めくくっている。フォアザチームがいよいよキャンプ成果を試すときがきた。

 春季苫小牧ブロック予選の始まりである。初戦苫西をエース佐藤剛士の15奪三振の力投で、5−2で勝利し、2回戦は延長11回、好投手渡辺岩太を援護するかのような細田宏のサヨナラ打で浦河を1−0の接戦で制した。準決勝は強豪苫工との試合になったが、相手エース大畠の前に7回0−8の完封コールドを喫してしまった。苫工は決勝でも道桜ヶ丘を5−1で下し堂々と室蘭ブロックの室蘭大谷と共に全道大会へ出場する。

 全道大会出場の苫工は接戦の試合を重ねた末に、決勝戦では駒大岩見沢と延長16回の死闘の末10−7で勝利し全道を制した。22年ぶりの全道ナンバーワンである。

 しかし3年生にとって目指すは夏の大会であり、地区予選はなんとしても宿敵苫工を破らなければ甲子園への第一関門は突破出来ない。

 練習試合でも3年生主力チームの気力というか、覇気というか、試合内容が監督にとって不服なところが目立ち、ここ一番、新1年生を主体で同じ対戦チームと練習試合を組ませてみたところ、1年生チームが堂々と勝ってしまった。監督の思惑通りに3年生が、うっ憤を晴らしてくれればいいがと思いつつも、3年生との溝が更に深まっていくことも予想されたが、監督の仕掛けに3年生は奮い立ち、徐々に結束を固めて良いチームに仕上がっていった。

 春のコールド負けの悔しさをバネに夏の地区予選が始まり、ブロックも苫工と2戦目にあたる抽選となった。この試合は私にとっても、おそらく監督にとっても忘れられない試合の一つであろう。全道を制覇したチームに堂々と立ち向かう姿勢は、ネット裏でスコアブックをつけながら、戦略をうかがっていた私に身震いさえ起こさせた。それは約30年前の試合を思い出していたからだ。

 1967(昭和42)年の春、苫工はエース近藤研二の64イニング無失点記録を背に堂々と全道優勝した。しかし夏は、登別大谷に初戦敗退している。その時と同じような光景が目の前で今、再び起こりそうな現実を見つめていた。おそらく、名将金子監督も当時のことが脳裏をかすめたのではないだろうか。4回には1死1、3塁のピンチにエース佐藤をあきらめ、左腕の齋藤正幸を思い切って使い、緩急をつけた投球術ですっかり苫工打線を抑え4回以降なりをひそめ、凡打の山を築いた。駒大苫小牧の打線も2回細田宏の右翼戦への2点タイムリーで逆転し、3−2で勝利したのである。

 私の母校それも30年前と同じことが起こるとは鳥肌がたった。スコアブックを見ながら、勝つには勝ったが複雑な心境でもあった。準決勝、浦河を5−2で勝利し、決勝の伊達を8−3で破り実に13年ぶりの全道出場であった。地区予選も負け癖からなかなか一皮むけずにいたチームにやっと光明がさしてきた。

 遠く離れた監督のお母さんにも、ようやく少しの恩返しが出来たのではないだろうか。母親と一緒に少年野球の指導者だった武富監督も北海道の円山に足を運んでいただき、父母の会の方たちにご紹介した。気丈な感じのお母さんも、うっすらと目に涙を浮かべていた姿は、我が子を見つめる母親の顔がそこにあった。円山での入場行進は目の前に甲子園の道が待ち受けているわけだから、子供達にも当然力が入っていた。そしていつの間にか負けることのコンプレックスも勝つことへの意識と意欲がどんどんわき出てくるのが実感だった。「監督についていけば甲子園に行ける」そんな思いがプレーにも表れてきた。

 初戦、岩見沢農業との対戦、乱打戦の末11−5で勝ちあがり2回戦の北海戦に備える。道内屈指の強豪校「北海」に勝つことが第二の大きな関門である。先発佐藤剛士とリリーフの渡辺岩太と素晴らしいピッチングを披露したが、ワンチャンスを生かせず2−3で惜しくも敗退した。勝つこと以上にこの負けは大きな財産を監督と子供達に与えた。失策0、犠牲バント6と北海のお株を奪うような試合運びは、円山球場を訪れた高校野球ファンに何かを残した試合でもあった。試合後、円山球場の正面出入り口から出てきた監督は大粒の涙を流していた。子供の気持ちを代弁するかのような涙でもあった。30年ぶりに円山で校歌を聞き1勝を勝ち取ったことの価値は次の後輩達への大きな財産でもあり、次の円山では何かをやってくれそうな、そんな予感もあった。着実に監督の指導の効果は出てきている。

 新チームの8月はすでに20試合以上の練習試合を組むなど秋の新人戦へ向けて前向きに動きだしている。新キャプテンには佐伯潤一郎が決まり、また新しい風が吹き込まれていく。上に立つ者の使命は何事にも、いかに自発的に取り組むか、ナインの意欲をどこまでださせるかにかかってくる。監督はリーダーとしての人間的な部分を追及し続け課題を与えたり、個々を尊重しながら鍛え上げていく。更に子供達は運動能力の高さ以外に学習能力も高く、全校の「知育賞」にも毎回野球部から十数人が選ばれ、全校生徒の前で表彰されるようになってきた。石塚部長も監督もこうしたところに目を細めていた。

 練習試合をこなし、選抜の第一関門・新人戦がいよいよ始まった。そんな中、苫小牧ブロックでは苫小牧、白老に在籍する社会人審判員が協力することになり、試合の進行をサポートする画期的な試みとなった。経塚裕氏、熊沢民晴氏、木内九二生氏、戸田隆冶氏の4人で都市対抗などの大会でもジャッジを務める現役公認審判員でもある。その甲斐あって試合がスピーディーに進行し引き締まった好ゲームが展開された。

 苫小牧支部ブロック予選も苫工と初戦に当たり渡辺―古野のバッテリーが最小失点で抑え、延長10回に中村隆之の勝ち越し打で2回戦に進出する。夏のムードがそのまま新人戦にも生きている。その勢いが道桜ヶ丘戦でも9回2死から8−8の同点機に1年生トリオの梶川、蔵重、河村の3連打で満塁として、苫工戦に引き続きラッキーボーイの中村が気力を込めて放った打球は遊撃手のグラブを鋭く弾きレフト前に転がった。一瞬静まり返った後、球場はサヨナラゲームに一喜一憂した。投げてはリリーフの左腕蔵重雄人が緩急つけたピッチングで道桜ヶ丘打線を抑えサヨナラゲームに花を添えた。

 3回戦のえりも戦は右腕漆坂雄一が打線の援護を受けながら7回をコールドゲームで完封した。決勝戦は苫東との戦いで駒澤・渡辺、苫東・寺沢の両投手が持ち味を出しながら、緊迫したゲーム展開になり1−1の同点で9回浦渡辺の2塁打を足がかりに敦賀秀和の右前打でサヨナラ勝ちした。全道切符は残念ながらブロックが14チームのため、一つの枠をめぐって支部代表決定戦が新日鉄球場で室蘭大谷と行われ、主戦渡辺のアクシデントがあったにせよシーソーゲームの末、5−7で逆転を許し、あと一歩のところで涙をのんだ。いい試合内容で勝ち上がってきた勢いと最後まで諦めない姿勢は次のゲームに必ず生きてくる。投手力の整備がさらに課題として秋の冷たい風の中、猛練習が始まった。

 10月には待望の野球部専用のバスが元父母の会会長山本克己氏より寄贈され車検や塗装、デザインなど白崎氏や梶川氏が加わり25人乗りのバスが完成した。のちに父母の会の会長を引き受けていただき、また真紅の会の会長もやっていただいている梶川氏によって古びたバックネットに、「行くぞ!!甲子園」と新鮮な横断幕をかかげていただいた。

 来春も佐賀遠征が組み込まれているため冬の間は昨年同様に、郵便局でのアルバイトをやって個人負担を少しでも軽減しようと全員が参加する。野球以外のところでいろいろな人との出会いが子供達を成長させていく。正月休みが終わるとまた厳しい練習が待っている。天気の良い日はグラウンドに出てサッカーをやったり、外野ノックを受けたりの日々を過ごし、室内ではもっぱら連係プレーや打ち込みウェートトレーニングに明け暮れていた。毎年この時期に急成長してくる選手が何人かいて、監督の目が潤んでくる時期でもある。・・・全26回シリーズ。さらに物語はつづく・・・次回!おたのしみに!
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑