深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第8回 春・夏連続して全道大会出場  著者: 蔵重 俊男
 厳しい冬を越え九州遠征の春を迎える。1998(平成10)年の春、今回も佐賀商のご協力とご支援をいただきながら3年目の遠征となり11試合をこなした。白石高校、佐賀商業、佐賀学園、有田工業、神崎高校、武雄高校と5勝6敗は過去にない実績を残した。試合内容も接戦が多く監督としてもかなりの手ごたえを感じ取っていた。春のオープン戦4試合も他校とのレベルに圧倒的な差が見えた。練習試合も声がかかればどこへでも飛んでいき、貪欲な監督は練習量の多さもさることながら4月だけで20試合近くをこなした。さらにメンタル面での強化に注目し、1998(平成10)年の春は1年に4回のメンタルトレーニング講師を招いての講習を実施することになった。

 静岡県の島田市に本拠を置く(サンリ東海センタースポーツ体力研究所)の西田文郎所長のブレーン&メンタルトレーニングが始まった。プロの選手だけでなく、アマチュア選手、ビジネスマンや受験生の間でも注目されている。単なるメンタルトレとブレーントレとの違いを説明しながら「人は潜在意識の否定的な要因を取り除くことによってがらりと変わる」という意識改革を協調する。失敗したことに、なぜ失敗したかを具体的にチェックしクリアしようと決意することが大切であり、目標を達成したときを常にイメージすればプラス思考に考え方も変わっていくという。

 それぞれの能力を最大限に発揮できるピンチの場面が、楽しくなるとも話されていた。根性論を脱皮し、精神面の充実とスポーツは「脳」でやると協調する。このブレーントレは、その後、2年間取り入れられ監督のイメージと組み合わされて、個人の能力を最大限に発揮できるよう香田野球独自のブレーントレーニングが徐々に多くの試合を重ねるごとによって完成されていく。時にはブレーントレーニングで否定する根性論を取り入れ、そしてあるときはメンタル面の強化をし最終的に楽しんで野球ができるような環境と頑強な体力を作り、どんどん彼の思考力は増し自信をつけていく。そしてついに異変が起きた。

 それは何度対戦しても勝てないはずの駒大岩見沢との遠征試合で、白崎の好投と打線の援護で初めて勝つことが出来た。「うーん強くなってきたぞ」という感じが見ていて伝わってきた。試合が終わり、森クラブの少年野球に所属していた長谷川雅一と北道貢の二人が香田監督に挨拶して後に、突然私の所にきて大きな声で挨拶していった。その時「これなんだよなぁ」、周りのことに気がつくというのはと思った。当時、少年野球で全道一を競った子供達が、その後も何度か交流があり、ここ数年間会っていなかったが、私の目の前に現れたときにはびっくりしたが、二人とも駒大岩見沢で立派に育っていた。「がんばれよ」の声に二人は大きくうなずき一礼してベンチへ引き揚げていった。

 駒大岩見沢に勝った勢いで春季ブロック大会も初戦静内高校に12−2。2回戦、苫高専に7−1。準決勝、苫南に13−6。決勝は春選抜出場の苫東と対戦。6−3と昨年秋の雪辱を果たした。代表決定戦も室蘭大谷を9−1で下した。実に27年ぶりの全道出場であり、この時、香田監督も27歳で改めて2と7は縁起の良い数字かも知れないなと思った。就任2年目に監督と出会って、7年後には何か大きな事が起こりそうな、そんな予感もしていた。目に見えない縁かもしれないし、バントと機動力野球で快進撃してきた駒大苫小牧の救世主になるかもしれないと周りもささやいていた。

 全道初戦を迎え、昨夏準優勝チームの札南との対戦となった。札南は今大会でも一番勢いづいているチームであったが、白崎の好投で札南を3安打で完封する。打線は5安打でワンチャンスを磯谷の好走塁と山地のスクイズ、そして茂木の適時打で勝利した。ある新聞紙上にこの春から取り入れたブレーン&メンタルトレーニングに関しての記事が載っていた。新しいものを取り入れる監督は技術面以外のメンタル的な部分を強調し、ナンバーワンの人差し指を空へ向けて全道1勝の価値をナインと共に味わい、自分たちは一番と天を指したのだ。

 一方、駒大岩見沢も快進撃で強打をアピールしている。駒大苫小牧の2回戦は中標津にコールド発進した知内との対戦。残念ながらエース白崎は9安打5失点と力尽き、普段のもてる力を十分に発揮することができなかった。負ければ監督はいつも「私の力のなさで申し訳ない」と言う。

 今大会の目玉は東海大四で甲子園帰りの北照を粉砕する。沢口投手に対する東海大四の近藤洋平はスイングが速く、あっという間に外野席へ運んだ。それもバックスクリーンへ、まだ1年生だというのにびっくりしてしまう逸材だった。知内もこの東海第四に乱打戦の末11−12で、今度は兄近藤一系のサヨナラ本塁打で破れた。決勝は初戦、北海を2−1。
2回戦、滝川西を7−6。準決勝、駒大岩見沢を9−8と接戦を物にしてきた札幌商業だ。

 札幌勢同士の決勝は強打の東海大四が11−3で勝利し頂点に立った。兄の近藤一系はこの試合でも本塁打を放ち、個人の一大会4本塁打の記録を樹立した。東海第四は実に8度目の優勝である。こうした爆発力ある野球を見て、香田監督はどのような印象を与えられたのだろうか。夏の選手権は東海第四を中心にした展開になることは間違いないが、とにかく苫小牧ブロックを勝ち上がらなければなんにもならない。春の勢いを落とさずにどこまでいけるかがカギとなる。3年生にとって最後の夏、甲子園優勝までのイメージトレーニングの成果はしっかりと道程が出来上がっている。

 夏のブロック予選、Aブロックシードの駒大苫小牧は静内に10−0。代表決定戦は登別大谷に8−0と2試合共に白崎が完封する。4ブロックのうち3ブロックに駒大苫小牧、苫東、苫高専が支部代表として全道に出場する。苫高専は実に創部以来35年目の初代表になった。苫工は残念ながら代表決定戦で室蘭大谷に3−7で敗退し、全道への夢は絶たれた。春、全道に進出して監督が一番心配していることは彼ら選手の「慢心」であると言う。佐賀商時代に経験した3度の甲子園も一つの気の緩みがチームの「和」を乱すことである。冬期間は選手個々とじっくりと話し合える場であって今のチームは監督の考え方とぶつけあって信頼関係も確かになってきた。4年目ですべてに一番いいチームに仕上がったと満足げに心中を語っていた。

 いよいよ1998(平成10)年夏、第80回全国高校野球選手権南大会が開幕する。南北海道大会は17チームが甲子園出場を目指して熱戦を繰り広げていく。開幕第1戦は春を制した東海第四と札南との好ゲームで始まり、札南の徹底したデーター野球が東海第四を接戦の末、5−4で勝利する。駒大苫小牧も春の雪辱を期しての初戦、知内戦は梶川主将を中心に機動力野球で封じ込める。投げては白崎が要所を締め6−2で4安打完投する。「やられたらやりかえす」と監督の性格どおりリベンジを果たし次の目標に切り替える。

 だが、円山球場の雰囲気はなぜか「勝つ為の条件」を与えてくれない。2戦目は大きな壁である北海との対戦になるが、主戦白崎が肘の張りが取れずギリギリまで先発を迷った監督の判断は先発に河村を起用する。初回からリズムに乗れず、フォームを崩しながらの投球も6点を先制される。しかしながら6点のビハインドをすぐさま1点差までに追いつくあたり監督が言う「良いチーム」なのかもしれない。10安打を放ちながらもけん制で憤死し要所を抑えられ、その後もリリーフの白崎が連打され追加点を許し5−12の7回コールド負けで夏は終わった。このチームで全国制覇と掲げてきただけに、ここでの足踏みは2年前と同じく北海の大きな壁を崩すことができなかった。力の差はないと思いつつも、悔し涙は止まらなかった。円山球場の正面から出てくる選手の中に、最後尾から監督や私の息子達が出てきた。ようやく、開放されたかのように、私の胸に寄りかかり「3年間ありがとう」と目に涙を浮かべていた。「お疲れさん」と、我が子の肩をたたきながら言葉少なに返すだけで、後は言葉にならなかった。監督もタオルで涙を拭きながらのインタビューで、徐々に落ち着き払っているかのようでもあった。苫東も駒大岩見沢に1−3で負け、春夏連続の甲子園への道は絶たれた。

 この大会の決勝は雨中での決戦。札幌南と駒大岩見沢の対戦となり5点差で負けていた駒大岩見沢は雨の中断後、一気に逆転してしまった。このときテレビ観戦していた私は、両チームの意外な一面を見ることが出来た。札南のベンチは余裕すらうかがえ、飴玉をしゃぶり、大笑いをしながら雑談する顔があったが、負けている駒大岩見沢のベンチは殺気のようなものが感じ取れ、時々雨の中、ベンチ前でキャッチボールをする選手から意気込みのようなものも感じられた。北村の本大会4試合連続本塁打で加速し「甲子園に行きたいと思う気持ちの強いほうが勝った」と精神的な強さをアピールするあたり佐々木啓司監督のハートが選手にしっかりと伝わっていたように思った。雨による心のスキが明暗を分けたような気がした。北大会は滝川西が名乗りを上げた。

 甲子園での駒大岩見沢は惜しくも初戦敗退するも素晴らしい試合展開で、江川、長谷川、北道など身近な子供達が活躍し今一歩のところで涙をのんだ。駒大岩見沢の父母会も江川英二氏(苫小牧郵便局勤務)を中心にまとまった素晴らしい応援で、我々も見習わなければならない事も沢山あり、甲子園に行く為の応援マナーは今の父母の会にとって必要不可欠であった。そうした父母の会組織の秘話を江川氏から伝授して欲しいと思い、その後、何度か江川宅に足を運んだ。これも甲子園に行く為の勝つための条件になるのかもしれないと思った。
=全26回シリーズ。さらに更に物語はつづく。=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑