深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第9回 全道大会4強に名乗り  著者: 蔵重 俊男
 梶川弘樹主将率いる3年生チームが果たせなった夢を、秋季大会に望みをたくしながら新チームの快進撃が続く。初戦、1年生磯貝が苫東を初回の2点に抑え5−2で初登板、初先発、初完投と見事に勝利した。準決勝、登別大谷戦は宝福が10奪三振で6−2と快勝。決勝は伊達高校を磯貝からエース稲葉と繋ぎ、打線も佛川のスリーランでダメを押し10−3と勝利し、全道へ春夏秋と3季連続出場を果たす。春夏秋と地区代表権を総なめした駒大苫小牧はこの大会15年ぶりの全道切符でもある。

 初戦は函館北との対戦。固さがみえる戦いで延長戦となる。9回に同点スクイズ、延長11回に2点タイムリーを放った福田恵介(北海学園―日本ハム球団職員)に監督自らがベンチから身を乗り出して握手を求め、選手との信頼関係ができてきたかなと思わせるシーンだった。2回戦も4強をかけて美幌高校と対戦し8−0とリードした4回裏、先発稲葉が突然乱れ急遽、援護した宝福も4つの四球と2安打を浴び一挙8点をとられ追いつかれた。新人戦らしい展開も磯貝が要所を締め、美幌の追撃をかわし12−10で接戦をものにし全道4強に名乗りを上げた。準決勝は旭川工業に9−10と乱打戦の末惜敗する。

 課題が多く残ったこの大会は一冬を越すことでさらに大きな期待を背負って一回りも二回りも成長していくチームであるように思えてならない。個性派集団のまとめ役は茂木雄介主将(苫駒大―現駒大苫小牧コーチ)だが特に2年生の個々の力は皆ずば抜けているがチームワークを作っていく上ではキャプテンの役割は並大抵なものではなかっただろう。冬のトレーニングの中で、やる気を養っていくことが一番の課題で、そうした課題を克服するのには、もってこいの人格者であった。

 豊富な投手陣も磯貝に負けじと、どんどん競争心を表し練習意欲を倍増させていく。投手部門で急成長の兆しを見せる宝福と高村、打撃では1年生の西尾、星が新チームの冬を引っ張っていく。長い冬の始まりだが毎年監督はいろんな練習メニューを生み出してくる。このチームはメンタル面での強さをもっと持たなければ厳しい春を迎えることになる。恒例の郵便局アルバイトが終わると練習初日は、「なんでこんなに」と思わせるようなメニューを課せられる。これは休みの間にどれだけ個々が蔭で練習してきたかを見る一つの目安としていたのであろう。暖かい日には恒例の雪上ノックが始まりグラウンドでの打球感覚はこうして養われていく。2ヶ月間こうした練習の積み重ねが、個々の成長を促していく時期でもある。

 寒々とした北海道を離れ今年もいよいよ佐賀遠征が始まり、北海道の遅い春を気にしながら一日一日を大切に佐賀の暖かい空気を満喫してくる。練習試合を豊富に組み込み昨年以上の結果を残していよいよ3年生を中心にしたハイレベルのチームが全道で大暴れする。監督自身、この春から待望の担任を持つことになる。苫工金子満夫監督の情熱を持った当時の指導ぶりと若かりし頃の話をしながら、3年間担任を持つことが、これからの野球人生において、指導者としても子供達と素晴らしい経験を積む事によって、3年後には必ず答えを出してくれる筈と、日頃話している事がようやく一歩前進した。

 私の2番目の子供も入学と同時に3年間お世話になることになったが3年後の甲子園というよりも、今のチームは、いつ甲子園に行ってもおかしくない雰囲気を持っている。そして、短い間ではあったが、お世話になった山本勉さんともお別れで、部長の立場を退かれても球場には足を運んでくれることを約束した。新しく江口昌隆部長が引き継ぐことになり甲子園へと弾みをつけていく。

 この数年間で現役父母の会のバックアップ体制も整い、あとは継続していく事の大切さを見守りながら、そして多くの父母の方々にご協力いただいたことを、今後の糧にして父母の会も更に充実していかなければならない使命感があった。監督一個人に対しても何らかの、支援部隊も必要な時期にきているのも確かだった。今春卒業した子供達の親達で、年に一度くらい監督を誘って一杯会はどうだろうかと父母の方々に声をかけたが全員の賛同は得られなかったが、そうした思いのある人たちの集まりの方が、気楽で良いじゃないかと思った。前父母の会の会長梶川昇氏や白崎健二氏、藤本渉氏に声をかけ賛同を得たのは嬉しかった。「深紅の大優勝旗が初めて津軽の海を渡るのは、香田誉士史だ」との思いで、その名も「深紅の会」と命名してしまった。そうした思いを梶川氏に話しをすると、「とてつもない名前だけど大きな最終目標だから」としてニッコリ笑顔を見せ、快く会長も引き受けていただいた。その後の声かけで、鈴木隆夫氏と長根末三氏が加わり一応の会則もなんとか出来上がり1999(平成11)年4月1日に「深紅の会」が発足した。甲子園に行くだけのチームではなく、全国に通用するチームとして、甲子園で勝てるチーム作りが、更なる個々の技術向上を目指し最終目標は「全国優勝」であると誓い合った。そして、監督が心を許して話せる場を設けなければ本当の悩みも聞いてあげることも出来ないわけである。

 その年の夏、現役を退いた父母達まで引っ張り込んではどうだろうかと、高野洋道会長にも相談すると、これまた快く引き受けていただき、1999(平成11)年8月28日に第1回の「深紅の会」に16名が集まり市内の居酒屋で開く事が出来た。5年間の歩みを纏めた「道のり」と題して会員に配ったところ好評を得た。次の10年後にはモット良い物を皆さんにプレゼントしたいものだ。時間が経つに連れ酒の勢いで、監督以上に皆燃え上がり、「甲子園出場そして深紅の大優勝旗を持ってくるんだ」と気勢を上げた。

 その後、全道大会に行く前には毎度声掛け合って集まり、監督の心の悩みも聞くようになり、「深紅の会」本来の目的が少しずつ見えてきた。現役を離れた親達との会話では、普段の監督からは想像も出来ないくらい毎度、面白い話が飛びだしてくる。親達には分からない子供達の意外な一面に一喜一憂する監督の子供達への愛情は、我々親以上かも知れないなと思った。物心両面というが今のところ、会員数も少なくこれからというのが現状だが、今後、徐々に理解者も増えて行くだろう。手始めに会費の中からホームベースを寄贈し取り付けに行ったが、これが大変なことになった。それというのは、ダイヤモンドがいびつになっていることだ。急遽、測量士をお願いして半日がかりで、正規のダイヤモンドが出来上がった。ホームベースの周りには大小の釘20本余りが土の中に埋まっており、よくも怪我をせずに今まで練習してきたもんだとも思った。これで今以上に思い切って、スライディングしても大丈夫だろう。子供たちにラインを引かせて完成した。深紅の会の初仕事がこんなに大掛かりになるとは思いもよらなかった。

 学校側も篠原勝昌校長を中心に甲子園出場への熱い思いは誰よりも強いものを持っており、近い将来夢を実現した暁には一番の理解者として、全面的にバックアップしていただけそうな人格者である様に思った。そして、苫小牧駒澤大学野球部にも監督の良き理解者として、社会人野球の名門、「拓銀」の選手、監督を勤められた大滝敏之氏が、駒澤大学太田監督の勧めで就任した。ますます監督の周りが人望豊かな人達で少しずつ埋められていき、甲子園に行く為の準備が着々と進んでいるように思えてならなかった。
=全26回シリーズ。さらに更に物語はつづく。=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑