深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第10回 甲子園出場が、より身近になった1年  著者: 蔵重 俊男
 1999(平成11)年第38回春季大会が始まった。昨秋、全道ベスト4の駒大苫小牧は豪快に勝ち進んでいく。初戦の苫小牧中央戦は磯貝から高村と繋ぎ、打っては星の公式戦初本塁打は左翼席場外へのスリーランアーチで12−1と5回コールド勝ちを収め、準決勝では苫西を宝福―稲葉と繋ぎ3塁を踏ませない無安打の6回コールドと圧倒的な強さを見せつけた。Aブロック代表決定戦は苫東との一戦。小刻みに犠打をからめ、相手のミスに乗じて追加点をあげ8回には一気に4点をもぎ取り、好投する左腕、山下を攻略する。地区予選は横綱相撲で、Bブロック代表の室蘭大谷と共に全道へ好発進する。

 又、4月1日で苫工を定年退職した金子満夫氏が、札日大高の監督として就任したが、初戦の札幌北陵に1−9とほろ苦いコールド負けのデビューとなった。

 駒大苫小牧は初戦北海と対戦し、初回立ち上がりの悪い磯貝が1安打で3失点し、この初回の失点が最後まで響き1−4で敗退する。この負けは夏に向けての糧として更にメンタル面での強さを身につけなければ通用しないことも実感した試合であった。前年春から4期連続出場を自信に香田野球が更に進化していく。

 一方、春の全道大会を制した駒大岩見沢は初戦、函大有斗を11−4、室蘭大谷を6−0、準決勝の札第一を5−4で接戦を勝利し、決勝では砂川北を13−8で下し、3季連続の優勝を果たしたが「お見事」としか言いようがなかった。

 4季連続の全道大会出場への自信と、春の敗北を糧にして1999(平成11)年夏の選手権地区予選がいよいよ始まった。

 今までの香田野球で甲子園に一番近いチームといわれながら、ここ一番での粘りが無く何度も痛い目に会ってきたが、この夏こそメンタル面で強い宝福がエースナンバーをつけブロック代表に挑戦する。宝福は入部した頃から毎日毎日グラウンドの外周の走りこみをさせられていた一人で、1年の冬を越えた当たりから徐々に潜在能力を発揮してきた。長い腕を利用した下手投げは監督の勧めで、ようやく、しっくりとしたフォームになったようだ。

 初戦、先発宝福は苫工を2安打ピッチングで打線も茂木主将の2塁打で先制し10−0 5回コールド発進、準決勝は伊達と対戦し、今度は磯貝が完封し6−0、決勝戦は白老東を2−0と宝福が完封し両投手が刺激し合っていい結果が出ている。5季連続の全道発進である。Bブロックは苫南が苫東を3−2で逆転し15年ぶりの切符をつかみ取った。Cブロックは室蘭大谷が室蘭清水丘に2−1と接戦を制しての出場である。

 予想通り全道での戦いは厳しかった。初戦は札第一との投手戦に8回まで1−2と苦戦していたが、9回このチームの底力を見せられた。この回先頭の福田恵介がヒットで出塁し高野源太、茂木雄介と投前バントが内野安打となって満塁のチャンスに、磯谷朋範が好投手賀集から値千金のヒットを打って逆転サヨナラを呼び込んだ。この精神的な強さが頂点を極めるような予感もしていた。監督自身も「どんどん逞しくなってきた」と何度も繰り返し話されていた。この勢いで4強を目指し岩見沢農業との対戦も延長12回4−4の同点から好投手川島を攻め高野の2塁打と佛川の適時打で連続サヨナラゲームをやってのけた。磯貝、宝福と粘りのピッチングも光る好ゲームだった。

 準決勝は全道の大きな壁である北海との対戦で、この壁を越えなければ甲子園は見えてこない。ところがこの日の朝7時頃に、監督から電話が入り、嫌な予感が的中した。それは、主将の茂木が前の試合で捻挫し、急いでテーピングをして欲しいとの事だった。手稲高校のグラウンドまで車を飛ばし状態を見ると、アイシング効果もあって腫れは引いていた。しかしながら無理はさせられない状態にあったが、士気を高める為にも試合には出ると言う。そうした茂木の気持ちを込めて、念入りにテーピングを施した。試合では何もなったかの様に1塁主として元気にプレーしグラウンドを走り回っている。そんな姿を見て目頭が熱くなり、こいつも、「いい根性しているな」と思った。

 試合は、5回まで1−1の投手戦も6回には3点を取られ一度は離されるも、このチームは監督の言う様に「1試合ごとに逞しくなってきた」と話すとおり8回一気に5点を取って大逆転した。監督も試合前「ここまで来たら技術よりも気持ちしかない」といいながらじっくり攻めていく。しかしながら6回途中交代した磯貝は2点差を守りきれずに最終回、花井の1打でサヨナラを喫してしまった。号泣する磯貝も先輩になだめられながら球場を後にした。なかなか超えられないベスト4の壁、そして北海という大きな壁。しかし一段ずつ階段を上り始めた香田野球は、もういつ甲子園に行ってもおかしくないチームへと進化してきた。

 33回目の甲子園出場を目指す北海と3季連続甲子園を目指す駒大岩見沢の頂上決戦は1点を争う投手戦となり北海・横山、駒大岩見沢・古谷の投げあいは9回裏2死、走者を2、3塁において古谷の投じたカーブが大きくワンバウンドしバックネット方向へ転がる間にサヨナラのランナーがかえった。2年目の平川監督としても前監督の大西昌美氏の指導した選手達を甲子園に連れていけることに何より安堵したのではないだろうか。後は「甲子園に行くだけのチームなのか、勝ちに行くチームなのか」その考え方の差は天と地の差がある様に思う。「平川監督頑張れ」と声をかけたい心境にかられた。

 秋の新チームを支えるのは西尾俊介主将(NTT北海道)だ。強いイメージの先輩チームから個性派集団をまとめていく。監督からの信頼も厚く、練習メニューの他にスケジュールまで彼に任せる程の信頼関係が出来ている。夏の悔しさをどのように戦っていくのか。第52回秋季大会の初戦は磯貝、海馬沢のリレーで13−0と5回コールド発進する。初回から連続4球に星の内野安打で満塁のあと6連打とキャプテン西尾の右犠飛で一気に7点、4回にも相手エラーから前原、西尾の三塁打や星のスクイズなど得点圏での効率の良い展開と磯貝の13奪三振1失点の好投だった。一方、鵡川は得点圏にランナーをおいても強打が空回りして、散発6安打と磯貝のスライダーを打てず7−1と勝利する。準決勝の苫東戦は9−0と序盤から星、磯貝の適時打で2点、連続四死球で3点と最終的に7回コールドで、好投手田村、小杉を攻略することが出来た。決勝は、苫南エース浜中を、どのように攻略するかがカギであったが、投打に磯貝が活躍し、3回、スリーラン本塁打が飛び出し6−2で苫南を攻略し、Aブロック2年連続の代表となる。しかし13安打を放ったにしては、12残塁と課題が残った試合であった。

 一方Bブロックは、準決勝で5−4と道桜ヶ丘を破った伊達が名乗りを上げ、登別大谷に挑戦するが伊達は高橋―工藤、登別大谷は渡辺―白井のバッテリーが一歩も譲らず0−0のまま延長の末、惜しくも0−2で登別大谷に破れた。

 全道での駒大苫小牧は万全の体制で甲子園を狙っていく。初戦、滝川西との対戦は先制されるも5回には1死1、3塁で石井のスクイズ、8回にも1死2、3塁で藤本の同点スクイズで振り出しに戻す。延長12回表1失点するもその裏、2点を入れてサヨナラ勝利を収めた。磯貝の粘投と強肩捕手の荒川のプレーが光った。2回戦は強打の東海第四の好投手狭田から初回から連打で3点を先制し、3回加藤のスクイズ、前原の適時打で2点を追加し、東海第四の強打者千石の本塁打1本におさえ込んで6−3で勝利した。西尾の3塁打、磯貝、小山内の2塁打は効果的であった。準々決勝は「勢い」がそのままゲームに現れ、函大有斗を9−0の7回コールドでスキの無い攻撃野球が出来た。先頭打者としてキャプテンの西尾が4打点と活躍した。甲子園が少し見えてきたかな、と思う程「強さ」を感じていた。準決勝の北照との1戦は、前半は6−4とリードしながら、後半に入って守備の乱れと連投の磯貝が疲れもあってか、8回、9回を含めて13安打を許し6−11と力尽きた。

決勝は準決勝の勢いで北照が10−3で国際情報を破り、甲子園切符をほぼ手中に収めた。「一人のエースではやはり厳しかった」と監督のコメントもどこか力が無かった。しかしながら、3年生にとっては、夏の選手権で優勝することが最終目標で西尾キャプテンを中心に「自主性を重んじる」練習に突入して行くことになる。どこまで先輩達の悔しさと自分達の悔しさをバネにするかが課題で、まず手始めに個性派集団を統率する事が出来るかどうかが主将の力量にかかってくる。練習試合の多さも1日に三つ巴をやり、その後の紅白戦など日が短くなってくるこの時期はグタグタになるまで時間を費やしているのが日課である。

 冷たい北風がいよいよ冬の訪れを告げながら、雪がちらちら舞い、暮れも押し迫ってくると、佐賀遠征の為の郵便局アルバイトが始まる。恒例行事とは言え、アルバイトと自主練習は彼らの精神的な強さも養っているのである。もう2ヶ月もすると佐賀の遠征が始まる。毎年同じ事の繰り返しがいつの日か実を結ぶことを念じて、子供たちが日ごろの努力を惜しまない姿勢を期待している。指揮官は春先までの間、精神的にどんどん逞しくなっていく選手一人ひとりをくまなく自分の目で確かめていく。ある時は「檄」を飛ばし、ある時は「優しさ」を、そして「ボディーランゲ−ジ」で彼らの心理を推察していく。佐賀遠征が始まるころ春の選抜大会が開幕する。

 第72回選抜甲子園大会は昨秋、全道制覇した北照が2年ぶりの出場となり創立100年目に花を添えた。しかしながら、甲子園での1勝も東北代表・福島商業(福島県)と対戦し、8回まで飯島が好投し3−1とリードしながらも、9回2死からまさかの逆転を喫してしまった。甲子園での1勝の重さと1球の恐さをこれ程までに痛感した試合はなかったのではないだろうか。
=全26回シリーズ・深紅の旗まで、さらに物語はつづく・・=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑