深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第11回 どうしても越えられない準決勝の壁  著者: 蔵重 俊男
 2000(平成12)年、春季大会初戦は平取を18−2のコールドで発進した。2回戦、北海道栄との対戦は、今春、校名を道桜ヶ丘から北海道栄高校に変更し春の選抜に出場した埼玉栄(埼玉)の兄弟校となり、ユニホームも全く同じカラーに変更した。磯貝対蛭田の投手戦も2−2から7回代わった星から安打と満塁からの暴投そして内野ゴロの間に2点を追加され2−4となる。決定打が出ないまま春季大会は敗退となる。2シーズンにわたって支部大会では黒星のなかった駒大苫小牧も序盤で散った。西尾俊介主将も「気持ちを切り替えて初心から」と再起を誓ったが、冬の間の厳しいトレーニングそして遠征での成果をこの春十分に発揮できなかったが、夏までには投手力とメンタル面での強化を含めて再出発だ。個性派集団がまとまれば、これほど強いチームはない。そんな思いをぜひ夏の大会でうっぷんを晴らして欲しいものだ。

 夏の選手権、甲子園出場へのスタートは、支部予選、静内を相手に磯貝、星と繋いで5回をパーフェクトに抑える。磯貝自信1年の秋、2年の夏そして秋ベスト4まで進むがあと2勝のところで甲子園を手にすることができなかった。それだけにこの夏にかける思いは人一倍強いものがあり、春の負けから大会1ヵ月前には、制球力とスタミナをつけるため1日200球の投げ込みを敢行した。それだけ万全を期しての挑戦であり、投球後のアイシングは業務用の製氷機によって解消されていた。春の二の舞はないと断言する。

 地区予選では、苫工が鵡川を14−6の7回コールドで圧勝し、6年ぶりの南北海道大会出場になる。心臓病で倒れた木村浩二前監督の後、部長を努めていた山本興哉監督によって一致団結した地区代表であった。

 第82回全国高校野球選手権南北海道大会の開幕は春、夏連続甲子園行きを狙う北照と東海第四が初戦で対戦する好カードとなった。また有珠山噴火の中、野球部ナインの健闘を称えるかのように甲子園大会において虻田のエース工藤義仁君が始球式を努めることが開会式で日本高野連から発表されるなど話題になった。恒例により父母の会会長荒川登氏の号令で雨天の中グラウンドの片隅で全道大会出場の激励会をやった。小雨の中、父母たちは食事の用意をてきぱきとやり、練習試合が終わる頃には散々降りの大雨になった。しかし、テントを張って続行し、今までに無い父母との交流は思い出に残った。荒川会長も「こうした心に残る野球もして欲しいね」と子供たちを励ましていた。

 いよいよ本番、初戦の札幌第一を7−4と逆転し好発進。西尾主将、星、小山内、藤本ら3年生の活躍が目立ち、投げては磯貝の散発6安打と140球を越す熱投を見せてくれた。

 一方苫工も麻柄憂介が岩見沢西を3安打で11−3の7回コールドと、打っては安藤のスリーラン本塁打が飛び出した。また室蘭大谷も江差を6−2と村松投手も好投する。駒大岩見沢の佐々木啓司監督が、就任23年目で全道100勝を知内との対戦で飾った。円山球場の出口では、佐々木監督ならではの選手や父母会の祝福を受けていた。

 34年ぶりの甲子園へ4強をかけて、駒大苫小牧は函館工業と対戦し初回、荒川の3塁打で先制するも5回4番阿部に本塁打を打たれ、その裏、西尾、星、荒川の連続2塁打で同点に追いつく。一歩も譲らず5−5のまま延長戦になり10回表、再び2死からランナーを一人置いて、阿部にレフト最上段へツーラン本塁打を浴び5−7で敗退する。先発は星、5回からリリーフした磯貝と万全を喫したが、強打者阿部の一人舞台で駒大苫小牧は散った。最後の打者、代打の蔵重大悟は好投手青山の前に1塁ゴロに打ち取られ、来年の夏こそと思いを胸に秘めていた。

 決勝は駒大岩見沢を散発6安打に完封した札幌南と粘りを見せた苫工を、後半引き離した北照との対戦。春夏連続出場をかけての北照は初戦の東海第四を乱打線の末8−5で勝利し、勢いにのったかに見えたが、札幌南のエース皆方の好投と捕手青山の好リードで、61年ぶりの甲子園出場を果たす。

 北大会は3年ぶり5度目の出場を果たした旭大高は、157センチの植木正順投手の好投で帯広三条を5−3で下す。

 駒大苫小牧の夏も終り個性派集団から平均的な力を持ったこれと言って図抜けた選手のいない後輩へ夢を託す。相変わらず新人チームの練習時間は長い。練習試合も毎日のように続いた。その中から秋季大会へのメンバーがしのぎを削っている。そうこうしているうちに第53回秋季支部予選が始まった、初戦、苫南を投手海馬沢から岡本へとつなぎ逆転で9−5と勝利する。2回戦も投手上森から岡本で苫中央を10−0で5回を完封する。準決勝は浦河を、投手北田そして海馬沢とつなぎ14−1の5回コールドで決勝に進出する。Bブロック代表決定戦は室蘭大谷との対戦。中盤まで2−2の競り合いも好投手上森と村松の投げあいで試合も引き締まっていた。7回2番手の岡本がつかまり連打を浴びた。7回一気に6点、8回にも6点を奪われ、2−14の8回コールドで敗退する。駒大苫小牧は上森、岡本、北田、海馬沢、平山と5人の投手を繰り出したが、大谷の打線をくい止めることができなかった。

 Aブロックは佐藤茂富監督率いる鵡川が春、夏、秋を通じて初の全道へ進出する。香田監督も「若さが出て力負けはしたが点差ほどの開きはない」と豪語する。それだけ挑戦者としての目標が見えてきたようだ。3年生が引退後、陣容は一新し雪が降るまで練習試合等で個々の潜在能力を引き出していく。先輩達が築いてきたものを財産として新たな挑戦者は長い冬練に入っていく。

 入学時に監督が担任したこの2年生は「平均した力を持ったチームカラーで、おまえ達は今までで一番覚えの悪い連中だ」との評価だったが、チームワークは抜群で期待するものとしては今までの3年生以上に細かいところまでよく気が付き、お互いの弱い部分を指摘しあっているところらしい。他にも彼らの素晴らしいことはいつも全員で話し合い、そして試合後のミーティングは念入りのようだ。言っても聞かないものも居るが一応は個性を尊重するらしい。

 私も父母の会の会長である以上、今までよりも練習を見に行くことが多くなった。仕事帰りの9時を過ぎても、いつも黙々とやっている姿と笑いの絶えないチームカラーだ。この冬を越せば何かが見えてくる筈、としきりにもがいていた。「努力するものは必ず報われる」という言葉を信じて春を待つ。室内練習もランナーをおいて実践型の守備重視の繰り返しの毎日で、学習能力をどんどん高めていくチームになってきた。

 監督を含めて暮れに父母の会の忘年会を企画し、その二次会の席上で監督は何かそわそわし始め、私にこの席で皆さんに「結婚宣言」した方が良いだろうかと耳元でささやいてきた。「OKだねー」と言う間もなく、すたすたと歩き出し、私の前座を無視するかのようにマイクを持って一人ニタニタしながら結婚宣言をやってしまった。「相手はー?」の声に「坂本ひとみさん21歳です」と言った言葉に「それはどろぼうだ」と声がかかる。お店の方たちもビックリしただろうな?と思った。ひとみさんの第一印象は「初めはチョット近寄りがたい人、でも話してみると、とっても優しい人」との事で、次第に何かが二人を引き付けていったようだ。周りの父母の会には公にしていなかったせいか、すっかり盛り上がり、胸につかえている物を吐き出した監督はグイグイ飲み始めカラオケも歌いこなして気分は上々だったが、帰りのタクシーの中は大変だった。私の家のすぐ傍だが重たくて重たくて「大丈夫かな?」と思う程だった。「ありがとうございます、これからも頑張りますので宜しくお願いします」と何度も繰り返す監督は礼儀正しい一人の若者になっていた。

 翌日はいつもの通り元気いっぱいそのもので私の見る目がおかしいのか、結婚宣言の時のようにニタニタして顔がほころんでいるようにも見えた。日取りは2月10日で父母の会役員と「深紅の会」の会員が出席することになった。学校関係者や監督の友人、知人、そして太田誠監督をはじめ、駒大岩見沢の佐々木監督、北照の河上監督、苫小牧東の小城監督、元佐賀商田中公士監督など早々たるメンバーが出席されていた。その中で太田監督の祝辞での挨拶はいきなり、ドスの効いた声で「香田―」で始まり、それこそ香田監督の背筋がピーンとした緊張感を感じ取れた。それだけ、太田誠監督との信頼関係が出来上がっていると同時に、その間合いは我々には入り込めない世界というか「聖域」にもとれた一瞬でもあった。

 また、現役の子供達のパフォーマンスや苫小牧駒澤大学野球部からのメッセージなどで会場は、割れんばかりの大拍手で披露宴が進行した。二次会では市内の居酒屋で監督のお母さんやお兄さんたちと心おきなく酒を交わし、「誉士史を宜しくお願いします」と言う、お母さんとお兄さんの心温まるお話しを聞きながら時の過ぎるのも忘れて懇親を深めた。

 数日後、佐賀での披露宴を済ませ、墓前の亡き父に結婚の報告をして帰苫した。監督自身ハードスケジュールをこなし毎日の練習も、人一倍ハッスルしながら遠征を待ちわびる事になる。私は、負ける事から強くなっていく香田野球をいつも見守ってくれているお母さんに「今年の夏は甲子園で会いましょう」と一通の手紙を書いた。これから遠征や春季大会を経て、夏までは時間があるにもかかわらず、無性に筆を走らせた。お母さんからも「甲子園で会いましょう」と電話をいただき、この時の会話はなんだったんだろうと、後々考えさせられた。
=全26回シリーズ・深紅の旗を勝ち取るまでに、さらに物語はつづく・・=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑