深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第12回 念願の甲子園キップを勝ちとる  著者: 蔵重 俊男
 2001(平成13)年春の遠征は初めての沖縄県である。2年生の修学旅行では野球部全員が沖縄を希望し、再度、遠征場所を監督自らが沖縄を希望し、新婚旅行も沖縄と今年は何か良いことが起こりそうな予感を秘め、父母の会の方々や旧大昭和北海道監督の我喜屋氏への声かけが実り、10日間の日程で宜野座遠征が実現した。現地の方々のご協力もさることながら、環境もよし球場設備も最高の場所で練習試合を消化する事が出来、この上ない遠征でなかっただろうか。一冬越えた新チームもどんどんたくましくなり、中部商業などの強豪校と一歩も引けをとらない好ゲームを展開し、監督もかなりの手ごたえをつかんで帰苫した。

 第40回春季大会支部予選が始まる。初戦苫南を上森の本塁打を含む14安打で11−1の5回コールドで破り、不安な守備も無失策と遠征の成果も出てきた。準々決勝は伊達緑丘と対戦。平山から北田のリレーで10−0と完封し、6回コールド。準決勝は岡本がマウンドを守り鵡川打線を散発6安打と要所を打たせてとるピッチングで完投し、3−2で逃げ切った。支部代表決勝の室蘭大谷戦はエース上森が打たれ、岡本から平山とつなぐも終盤4−8と逆転を喫した。昨年秋のコールド負けをどれだけ捕らえるかが課題の一戦であったが、ある程度の手ごたえを感じながら本番の夏へとさらに強化していく。特に完投できる投手を育てディフェンスを鍛え直していく。

 全道での室蘭大谷は滝川西に0−7の完封で初戦敗退する。決勝の古豪北海と函館工業の対戦は、6−6の同点のまま延長戦へ突入。11回に北海が一死満塁のチャンスで好投を続ける湊が、決勝の2点タイムリーを放って9−6で、本大会ナンバーワン右腕の青山浩二投手を攻略し逆転する。両チーム33安打の乱打戦を北海が制した。

 春が終わると毎年、3年生最後の夏を迎え、この時期になると父母の会で応援グッズを寄付していくのが恒例だが、監督に相談すると以前からやって欲しいと思ったことがあった様で、それは部員が増えてきたことで、一度に20人位ティーバッティングが出来るような物があればもっと効率よく練習が出来るという事であった。静内町の海馬澤正則さんに相談すると一つ返事で了解していただいた。2週間後には、本格的な測量をやりながら、工事が始まった。私の方はステンレスパイプを4本用意する事と、海馬澤さんが用意した4個の1メートル四方のコンクリート上のボルトに合わせたステンレスの取り付け版スタンバイする事であった。見ていると大変な工事で二日がかりで仕上げていただいた。お見事としか言いようが無かった。後は学校側でネットを張っていただき何とか監督の思い通りに仕上がったようだ。最終的に海馬澤さんが無償で提供していただき、父母の会としても、この上ない喜びであり感謝を申し上げた。

 いよいよ夏の選手権予選が始まったが支部予選は雨のため三日間も順延となる。初戦は苫中央とは好ゲームを展開し、この夏2年生のエース平山から岡本とつないで4−3で粘る苫中央を振り切った。浦河との準決勝は北田が好投し、5回参考ながら無安打無得点の好投を見せ毎回得点の12安打の猛攻で完封する。Aブロック代表決定戦は室蘭栄と対戦し、凄みは感じられないが、好投手西本を要し、36年ぶりの代表へと必死にしがみ付いてくる「気」のようなものを感じ取っていた。2−2で迎えた9回、ここで何とかしなければならない場面、2死3塁から蔵重大悟の目の覚めるようなセンター前へのヒットが決勝打となり「後輩達からいただいたお守りのおかげで打てた」と言う一言が印象的であった。昨秋、今春と室蘭大谷に負け、全道進出はならなかったが「このチームが全道に行けばおもしろい」と監督自身、常日ごろ口にしていた。Bブロック代表が鵡川。Cブロック代表が室蘭大谷と本番を迎える。駒大岩見沢も佐々木啓司監督の息子さんと父子鷹として出場する。全道出場が決定すると毎度、父母の会主催で激励会を実施した。

 その席上、地区予選が終わる頃、北照の河上監督の所に技術指導のため来道した高野連の尾藤公氏が駒大苫小牧の練習も見に来ていただいた時の事を、挨拶の中でご紹介した。「甲子園に来て頂きたいチームが目の前にあり、何とか甲子園に来て欲しい」と一言、二言、尾藤氏と昔話をしている最中も、錆びたバックネットにボールが当たるたび、上から錆が尾藤氏の頭上に降ってきた。差し出したお茶にも入ったんではないかと思い、プレハブの監督室へと案内するも「どうぞお構いなく」と言ってじっくり練習試合を見入っていた。そしてお茶をごくりと飲み干した当たり「さすが」と思った。どこか香田監督に似ているところがあると直感した。

 それは物おじしない、どっかりと落ち着いた雰囲気と昔ながらの人なつっこい笑顔と子供たちを見つめる目線が同じようだと感じとれた。香田監督と同じ「明治の人間かも?」。私は対外的には監督の事を「明治の人間」と言っている。小説の中の「明治の人間模様」は何事にもじっくりと、我慢強く、自分が納得するまで辛抱強く耐え忍んでいく。そしてハイカラといわれる様に、新しいものに興味を示して貪欲に追い求めていくあたり、今の若者にはなかなかいないタイプだ。父母の会も特に3年生の親たちは本当に心を許して話しが出来る人達ばかりで、子供達も「幸せだな」といつも思っていた。試合の度に、ドーナッツを揚げてくる、後に「ドーナッツおばさん」といわれた伊達市の前原孝敏さん夫婦には頭が下がる思いだ。選手として出る出ないは別にして練習試合からいつも、父母の会は盛り上がっていた。

 第83回全国高校野球選手権南北海道大会がいよいよ始まる。中でも駒大岩見沢と北照の好カードが初戦に組み込まれた。決して強いイメージのない駒大苫小牧は堅実な守りと、ここ一番の接戦では今までにないチームの粘りを持っている。ムード作りを重視する十字主将は、コーチャーボックスでいつも大声を出して士気をあげた。

 監督自身も昨年を振り返り「悔しいやら情けないやら、どうやったら勝てるのだろうかと、ぼーっとして暫く気持ちのもやもやがなかなか晴れなかった」という。そしてこのチームが昨秋、今春と2季連続しての地区敗退から、「みんなで楽しんで野球をやろう」に変身していった。初戦は練習試合で負けを喫している札幌商業との対戦だったが好投手渥美の立ち上がりを攻め4点、5回に3点、8回の追加点で12安打コールド発進し、岡本の2失点完投が光った。2回戦は軟投派左腕、神を擁する札幌創成との対戦となったが1点を争う好ゲームも確実な犠打とワンチャンスを生かす攻撃と相手の失策にからんで得点する。創成は2回のスクイズ失敗と7回無死1、2塁でのスリーバント失敗がこの試合の明暗を分けた。

 いよいよ準決勝は先輩達が乗り切れなかった壁を越さなければならないプレッシャーがあったが、なぜか2回戦の創成に勝利した瞬間、この勝ちが甲子園に繋がるという心境になり、周りをはばかる事なく涙した。見ていても負ける気がしない。接戦でも必ず勝ちに出ると選手や監督そして、応援している父母の思いがどんどん伝わってきた。好投を続ける投手陣、火消しの北田、そして3年生を援護する2年生トリオの本間、熊原、山本が準決勝の試合を「打」でリードし4−3で函館工業に勝利する。この勢いを35年ぶりの甲子園へと加速していく。

 宿敵北海との決勝戦、円山の大応援団と選手、監督が一体となり「気」というか円山球場全体が双方の応援で揺れた。立ち上がり先制を許すも3回に追いつき、その裏つき放されるも5回に澤井の再逆転となるスリーラン本塁打で勢いづく。ベンチのムードが見えてきた。まさにスタンドとの「想念」がドラマ化していく光景でもあった。7回に5点、8回に4点と19安打13点と文句なしの攻撃野球が実った。「このチームは円山に行くと何かをやってくれそうだ」と常日ごろ話していた監督の一言を思い出していた。3年間の辛い練習も楽しんでやる練習を取り入れたり、3年間担任を持ったチームが結果を残し監督として7年目の春となり、苫工の名将金子満夫監督の甲子園初出場に並んだ。ラッキー「7」はやはり監督にとって、縁起の良い数字であった様な気がした。

 北大会は帯広三条が、粘る旭大高にサヨナラ勝ちを収めた。
 同じクラスのサッカー部も8月2日に熊本県で開かれる全国高校総体に初出場を決め子供達への刺激はさらに加速する。サッカー部を率いる元野球部長の石塚東洋雄氏、今野彰監督コンビが全国に発進する。

 お互いに刺激し、競争心をかき立てていく香田野球の巧みな仕業は彼独特のものであり全国でも十分戦えるチーム作りへと変身していく。2年生エース平山の不振が続いたが岡本、北田とつなぎ、先発岡本も後ろには北田がいるという安心感がマウンド場でも感じ取れた。
=全26回シリーズ・深紅の旗を勝ち取るまでに、さらに物語はつづく・・=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑