深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第15回 粘り強いチームで2年連続甲子園を目指す  著者: 蔵重 俊男
 今年は岡山県へ早川監督率いる岡山理大付属との練習試合など「勝負を最後まであきらめない」と本間が言うように粘り強くワンチャンスを生かしていくような新チームが作られていく。10日間の合宿も皆、顔が真っ黒に日焼けし良い状態で帰苫した。

 4月からは苫小牧駒澤大学野球部の主将として、その後、学生コーチを経験した茶木圭介が野球部の副部長に就任した。熱血漢溢れる彼のハートは監督と同じように熱く、監督の補佐をする上で、子供達の良き兄貴分として指導力を発揮してくれることを期待している。監督の周りが少しずつ固められていくが、部員数が増えれば増えるほど、現場を任せられた指導者たちの目配りが大変になり、野球以外の私生活の部分が重要なウェートを占めてくる。

 第41回春季大会の初戦、平山―齋藤バッテリーが試されていく。苫東の好投手濱口―中村バッテリーも強打の駒大苫小牧打線を迎えることができず、山本、石川の3塁打と珍田、熊原、本間、天野の2塁打で8−0と8回コールドで完封する。3回戦は苫工を22−0と5回コールドで退け、ブロック決勝は8−1で道栄を下し平山―齋藤バッテリーが好発進した。代表決定戦は好調の杉山が先発で鵡川の強力打線を迎える。延長11回またしても1−2で鵡川に敗退するも杉山、平山とつないで散発6安打に抑えた好投は、夏に向けさらに進化していきそうだ。

 全道大会での鵡川は初戦10−0で札幌北を5回完封コールドする。鬼海の調子も絶好超かに見えたが、2回戦、函大有斗の前に打線もふるわず藤丸投手の前に1−7と敗退する。敗戦していったチームは春の大会の疲れを癒すかのように夏までじっくりと仕上げに入る。どのチームも練習試合を重ねてさらに一からのチーム作りをしていく。故障者も復活し、全道切符を目指し熱戦が繰り広げられていく。

 夏の第84回選手権大会地区予選が始まった。3ブロックにシードされ駒大苫小牧はCブロックを初戦、登別大谷を破った苫工と対戦し11安打で苫工の好投手、木川田を打ち込み14−4の6回コールドで発進した。勢いづいた準決勝、苫中央を17−0の5回コールド。決勝の苫西戦は11−1と7回コールドで地区予選全試合をコールドで南大会に臨む。

 2年連続甲子園出場への手ごたえは十分と周囲からささやかれ、全道での戦いぶりが注目された。初戦は札幌南の北側に本塁打を浴びせられたが、主将熊原の活躍と平山―齋藤、今野のバッテリーが要所をしめ4−3と逃げ切った。2回戦は打撃戦を期待し先制するも札幌第一の投手交代が試合の流れを変えた。野辺から松橋そして野辺と打者によって何度となく投手交代をする札幌第一の継投策にはまってしまった。先発杉山も好投したが、平山の不調と白石の連続四球が痛かった。しかしながら代打で出場した小岩と川瀬の目の覚めるような連続2塁打で最後まで粘りを見せたが5−7と惜敗する。一方、鵡川も初戦で池田の本塁打を足がかりに札幌日大との打撃戦は鬼海―太田―鬼海―宮田と継投したが、札幌日大の打力が勝り6−0で敗退する。第84回の南大会を制したのは札幌第一で、甲子園では和歌山県代表の智弁和歌山と対戦し、予選と同じく野辺―西浦―松橋とつなぎ8回に1点、9回の土壇場で3点をあげ延長戦へと突入したか10回智弁和歌山の自力に勝る攻撃で4−5と敗退する。甲子園頂上決戦は札幌第一に勝利した智弁和歌山と高知県代表の明徳義塾が激突した。7−2で春夏通じて初めて明徳義塾が優勝した。甲子園常連校、明徳義塾の優勝にはピンとこなかった。もう何度も優勝していたように思う程、明徳義塾はいつも甲子園を沸かせていた。頂点に立つことの至難の業は名門といえどもこれほどまでに難しいのである。

=26回シリーズ!深紅の旗を勝ち取るまで・・いばらの道はさらにつづく=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑