深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第16回 春の選抜出場を目指して       著者: 蔵重 俊男
 3年生が退いて新チームは土島直哉主将に受け継がれ夏のリベンジが始まる。じっくりと仕上げてきた新チームも第55回秋季大会地区予選は白石を中心に好発進する。初戦を10−3、8回コールド。準決勝では伊達緑丘11−1の6回コールド。決勝の苫南も9−2の7回コールドと順調に全道へ駒を進めた。好投手木興を要する道栄も鵡川を破った勢いで室蘭大谷も5−4で下し堂々と全道へ名乗りを上げてきた。

 一試合ごとに強くなっていく新チームは白石、丸山、鈴木の3本柱が確立されていく。夏のリベンジを誓い合った打線は全道大会初戦の北見工業戦の、初回から容赦なく火をふき全道新記録の10者連続得点と1イニング10点は秋季大会のタイ記録となった。先頭打者はこの日1番に抜擢された岩田誠司の内野安打に始まり12人が連続出塁し1、2年生の息のあった好ゲームを展開し、先発全員安打のおまけ付きで5回を白石、丸山と2投手で無安打無得点に抑えた。2回戦は好投手柴田誠也を主戦とする道尚志学園が先制し、主導権を握ったかのように見えたが、すぐさま若狭の左中間を破る3塁打と補免で同点に追いつき、8回には白石の逆転スクイズが成功するが、その裏同点とされ延長になる。投手戦が続き延長14回、桑島優が左翼に本塁打し勝ち越した。毎回打席に入る桑島を見てこのバッターの振りで柴田の直球とかちあわせになったらどこまで飛んでいくのだろうと冗談を話していたが、その予感は延長に入りピタリと当たった。そんな不思議な雰囲気を持った桑島選手である。9回途中から登板の鈴木も中学硬式野球苫小牧クラブの先輩柴田に負けじと5回を1安打ピッチングで1年生桑島のパワーを引き出した。3回戦は稚内大谷に8−1の8回コールドで勝利する。白石は本塁打も打ち投打の活躍。七つの犠打と11安打で圧勝した。一方、道栄は前日2−2の延長10回、再試合を札幌第一と戦い4−9で逆転負けを喫した。準決勝の旭川実業戦は左腕鈴木康仁が散発5安打で完封する。札幌第一は今大会ナンバーワン左腕の早瀬を擁する札幌日大と準決勝を戦い、1点を争うゲームとなり最終回、早瀬に代わった前河のストレートを渡部が中前に弾き返してサヨナラゲームを制した。

 いよいよ夏のリベンジに燃える駒大苫小牧と札幌第一の決勝は初回打者一巡の猛攻で一挙6点をあげ試合の主導権を握った駒大苫小牧は若狭康之、原田勝也の3塁打、山本直寛、白石守の2塁打と打線は切れ目なく、その後も小刻みに加点し、バックの堅守で新人戦とは思えない5試合連続二桁安打とバランスの取れた安定したチームの仕上がりを見せてくれた。札幌第一の夏秋の連覇は消え、菊池雄人監督も冷静に決勝を振り返り、来年の夏に早くも照準を合わせているようだ。札幌第一の道内公式戦は14連勝がストップした。駒大苫小牧の優勝により選抜出場はほぼ決定したが神宮大会でどこまで全国レベルのチームと、どのような試合をするのかが楽しみでもあった。

 肌寒い中での明治神宮大会では初回石川廉の本塁打で先制するも、夏の甲子園ベスト8北信越代表の遊学館(石川県)によもやの1−11の大差で7回コールドを喫してしまった。土島主将は「何がなんだかわからないうちに試合が終わった」と完全に遊学館ペースの試合で十分な力を出し切れないままに終わってしまった。この冬にはメンタル的な強さと集中力を取り戻さなければならない。この状態では甲子園で戦うどころかチームを作りあげるつもりで主将は語気を強めた。長い冬を越し選抜出場決定の日を待ちわびた。

 第75回春選抜出場が決定し、希望枠では昨年の秋季大会ベスト4の旭川実業が選出されるという朗報が舞い込んだ。選出データでは守備力を重視した分析の中から、9イニング平均の被安打、与残塁数など最終的に旭川実業(北海道)、南部(和歌山)、佐賀東(佐賀)の3校が残り、更に1試合平均失策が2、19個の旭川実業が選ばれ、補欠高校には佐賀東となった。なかなか厳しい条件の中、出場決定に喜びを爆発させていた。

 旭川実業と言えば、1995(平成7)年の夏の選手権で、ミラクル旭実といわれ準々決勝では、福井県代表・敦賀気比に2−3で惜しくも敗退したが、北海道勢として球史に残る戦いが目に焼きついている。

 1月31日当日は、あえて監督から「選抜決定の日に深紅の会をやってください」と要請があり、今までも日程については監督に相談しながら決めてきたが、自分から言って来るとは「いよいよ本物になってきたな」という感じがあった。今まで深紅の会を開催するにあたり自分から日程まで決めたことは無かったからだ。なんとなく嬉しいような私の方がワクワクしてきた。

 挨拶の中でも、初めての選抜出場ということもあって神宮大会から試合も遠ざかっていることで春先から石垣島、佐賀、駒澤大学先輩の早川監督率いる岡山理大付属と広島と強行スケジュールで一次キャンプ、二次キャンプで体づくりをやり万全の体制で臨んでいくという。2年前の監督自身、甲子園初出場の時に沖縄遠征をやったことで縁起も担ぐ事と、雑音が入らない沖縄キャンプでもあるからだ。投手陣も順調な仕上がりを見せた右本格派の白石を中心に丸山、鈴木、岩田の左腕と4人のエース級がしのぎを削る。岡山南との練習試合は10−3、倉敷天城を4−0と勝利し、投打のバランスも順調な仕上がりとなる。短期間での調整と厳しい練習を課せられ、チームプレーも順調に進みキャンプの成果も野球感を取り戻しつつあった。

=26回シリーズ!物語はさらにつづく=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑