深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第18回 春・夏連続出場と雨天ノーゲーム再試合       著者: 蔵重 俊男
 選抜が終わると目の前に春季道大会が待ち受けている。エースナンバーは甲子園で活躍した白石守ではなく丸山仁希が背負い予選をなんなく切り抜けていく。甲子園以降、一番努力し成長した生徒がこの春、背番号1をつける権利があると監督は言う。初戦はエース丸山の好投で苫東を11−2の7回コールドで退け、準決勝は公式戦初先発の岩田が完投勝利、立ち上がり守備の乱れや、四死球押し出しで3点を献上したが、5安打と完投する。B組決勝は鵡川と対戦し鈴木、太田の投手戦を展開するが、集中打を浴びて逆転を許し5−6で敗退する。甲子園での精神的な疲れが取れずボールも走らずフォームもバラバラの状態であったが12奪三振と後半は鵡川打線を抑えていく。打線も13安打を打ちながら、ここ一発が出ずチャンスをつぶした。支部代表決定戦は鵡川・太田と道栄・木興の投げ合いが続き、9回、鵡川が5−4でサヨナラし2年連続全道へ発進した。

 敗戦後、なんとか夏にむけての準備は整ってきた。あの日、監督は「秋に勝って甲子園出場し、そして春の全道に勝つなんて、あまり欲を出すことないよ」と夏への自信にも満ち溢れた言葉を子供達に話してきたことを、ポツリポツリと私に話し掛けてきた。今年の監督は余裕かな、それとも全国1勝の誓いを心の中で誰よりも強く感じている言動だったかもしれない。大人になったよなぁと思いながら顔を見ると、なかなか余裕を持ったいい顔をしていた。

 夏の決戦、第85回選手権地区予選がいよいよ始まった。3ブロックに分かれた室蘭、苫小牧での予選は目が離せない内容の試合ばかりだ。今年のチームは本当にたくましくそして強さを感じる。エースは白石守が復活し、丸山仁希、鈴木康仁、吉岡俊輔と投手陣は充実し、選手層も厚く切れ目のない打線は、もう北海道のチームを抜け出している。初戦、若狭の右中間本塁打などで室蘭東を17−0のコールド発進し、丸山―吉岡と繋いで無四球無安打の好投。

 苫東が宿敵鵡川を3−2で振り切り、山田―石黒のバッテリーが10安打を打たれながらも勝利した。準決勝、室蘭大谷は守備では無失策、主戦白石が先発し、散発の4安打無四球と完封する。決勝も白石が先発し、苫中央を10−0の5回コールドで下し、若狭の2本の本塁打、佐々木孝介の本塁打で強さを見せ付けた。監督の春先からの言動はこういうことだったのかと再認識させられた。全道でも圧勝ゲームを展開し、甲子園1勝はこのチームに託された感じがした。中でもトップバッターを打つ石川廉は私どもの少年野球出身で投手と遊撃手として活躍していた。いつも目をギョロッと見開いて常に一生懸命プレーする姿は少年野球の時と少しも変わっていない。私にとっても感動もので、本当に上手くなったと感じた。センターラインを鍛え上げていく香田野球、そしてなんといっても監督の気持ちが乗り移ったかの様なカバーリングがすごい。普段の私生活の全てがこうしたところのプレーにも潜んでいるかの様だ。苫東も鵡川を破った勢いで、道栄も下し5年ぶりの全道出場を果たした。

 全道初戦は函館地区代表江差を5−1で下し、2回戦は札南を破って勢いにのってきた夕張を10−0で完封する。準決勝は春季全道優勝の柴田を擁する道尚志学園を3−1で下し、決勝の北海道栄との対戦は、9−0で圧勝し2年ぶりに3回目の甲子園それも春夏連続出場を決定した。春夏連続出場は地区では苫工以来の快挙であり函大有斗が目新しい。夏の出場も2年ぶり周りも春夏連続ということで、やけに落ち着いている。それは本当に強いチームに育ったという感じがしている。甲子園での1勝どころか、どんどん勝ち進んでいくチームのようにも見えてきた。そうなると、後援会はより多くの寄付集めという大事な仕事が待っている。厳しい仕事を終えた後での寄付集めは毎度大変なことであった。後援会のメンバーは頼もしい協力者ばかりで春の選抜より夏の選手権は短期決戦ではあるが力が入る。1勝の願いを込めて後援会は走り回る。この時の父母の会の会長は丸山正仁氏で春夏連続と言う事で、慌ただしい毎日を過ごされたのではないだろうか。

 苫小牧市民は野球熱が高く意外と協力者が多い。少年野球をはじめ中学の軟式や硬式、社会人や企業グループなど市内の高校野球ファンが強力に推してくれる。朝野球チームや個人の経営者そして市役所の職員達までが、これほどまでに協力してくれるとは思わなかった。第83回の35年ぶりの甲子園出場時は父母の会の会長だったが、春に続いて夏の出場では大変な寄付集めになるだろうと思っていたが、その思いは市民の方々の温かい応援で払拭され、子供達を大きな舞台に送ることが出来た。戦っている間中、寄付集めに奔走した私に、試合内容をよかったことでまた一声かけてくれる市民の方々、子供が学校にいないのに、どうしてこれほどまでに感動してくれるのだろうか。野球は「筋書きのないドラマだ」という人がいるが、まさに私もその通りだと思う。最終回にゲームセットと言われるまで精魂使い果たして戦う姿は感動そのものだ。

 初戦、岡山県代表・倉敷工業戦は雨の中の戦いで8−0と打線が爆発するも台風の影響で残念ながら雨天ノーゲーム再試合となる。翌日の再試合は開き直った倉敷工業のエース陶山が、コントロール重視でインコースを攻め、隙を与えない投球術を見せた。前日の投球内容とうってかわり駒大苫小牧の打線はワンチャンスを生かすことが出来ず回を追うごとに焦りさえも見えてきた。中盤、白石に代り6回途中から鈴木康仁がマウンドに上がり打線の援護を期待するが残念ながら今一歩のところで2−5で初戦敗退する。11人の打者に対して完璧なピッチングを見せ、なんとかこのチームで甲子園1勝を誓い、8奪三振を奪う力投を見せた鈴木康仁の好投は、次の甲子園での期待を担う投球内容と落ち着き払ったマウンドさばきが印象的であり、さわやかさが残った。

 幼い頃からガキ大将のような康仁が頭角を現したのは中学の公式野球、苫小牧クラブへの加入であった。細身の体からしなやかに投げ込むボールは威力があった。1年先輩の道尚志エースの柴田誠也と同じクラブで二人の存在は全国にアピールされ、北海道を代表する選手に育っていく素質が十分にあった。

=26回シリーズ。都合の良い運などない。たゆまぬ研鑽、努力の先にしかそれはない。=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑