深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第19回 2年連続の選抜出場を目指して       著者: 蔵重 俊男
 2003(平成15)年、第56回秋季大会も甲子園大会出場のため一番遅く始動したチームだったが、佐々木孝介主将を中心に地区予選を快進撃する。初戦は苫工との接戦を3−2と勝ち抜いた苫中央との一戦、3回桑島から打者14人の猛攻で10安打を集中し、糸屋の本塁打を含め12−2、岩田―樋江井と好投し5回コールド発進する。準決勝は投打のバランスが取れた苫東と対戦だったが、鈴木の好投で3−1で逃げ切った。一冬過ぎると手ごわい相手になりそうな予感もあった。A組決勝は道栄のエース木興をどう攻略するかにかかってくる。エース鈴木との投手戦は2−2のまま延長戦に入るかと思いかけた9回、澤井の3塁打で均衡を破り5−2で勝ち越した。チャレンジャー精神で2年連続6度目の全道キップを手にした。B組決勝は鵡川が室大谷を4−2で下し成田―宮田と繋いで2年振り3度目の全道出場を果たした。

 全道大会の初戦はここでも、桑島の3塁打、2塁打で粘る北照を振り切り、投げては先発岩田―樋江井―鈴木とリレーし8−6で勝利したが、今の鈴木は夏の大会の疲れのようなものが見え隠れし、長いイニングは投げられない状況だったかもしれない。3回戦、伝統校の函大有斗戦は初回、桑島の3塁打と糸屋の右前打で先制し、4回桑島の右翼線2点3塁打で試合を決めた。投げては先発1年生吉岡から松橋、鈴木と繋いで隙を与えず、9−0で力の差を見せつけた。準決勝は3回戦で駒大岩見沢を4−2で破り今年も強いと思わせる北海との対戦、岩田の緩急を付けたピッチングで北海打線を難なく退け、6回10−0でコールド勝ちを収めた。

 一方、鵡川も小樽潮陵、旭大高、中標津と3試合を全てコールドで下し勢いづいていた。
 決勝は勢いづく鵡川をどこまで抑える事が出来るかにかかってくる。室蘭支部、それも胆振東部のチーム同士が決勝戦を戦うとは複雑な心境である。勝っても負けても2校が選抜に選ばれればいいなと思っていたのは私だけだっただろうか。全道大会決勝戦は、北海以来実に41年ぶりの3季連続甲子園出場を目指す大事な一戦であった。しかしながら、鵡川の打線が爆発し3−7で完敗を喫してしまった。3回、林、桑島の適時打で3点を先制するも左腕エース鈴木が7回途中11安打7失点でマウンドを吉岡に譲り降板。9回も2死満塁まで攻め続けたが鵡川の粘りに屈し、駒大苫小牧の3季連続甲子園の道は絶たれた。

 佐藤茂冨監督が就任してから7年目で勝ち得た全道ナンバーワンであり、監督業として秋の頂点は初めての事である。

 佐々木孝介主将は全て一からのやり直しと、全てにレベルアップしなければいけないとチームを纏めていく。監督も「選抜のキップが来るかどうかは分からないが、そうなる事を想定して仕上げていきたい」と、このチームに懸ける意気込みのようなものを感じ取ることが出来た。今年の冬錬も新メニューに沿って鍛えられていく。

 残念ながら第76回の選抜出場はならず、優勝した鵡川1校が選ばれた。こうなれば目指すは、夏の選手権大会に照準を合わせて突き進んでいくしかない。これでもか、これでもかと厳しい練習とライバル意識が交差しながら春を迎える。新コーチにこの春、苫小牧駒大を卒業した茂木雄介が就任することが耳に入ってきた。「嬉しいことだ」と内心思った。それは監督もいずれ自分が指導した生徒が指導の手伝いをしてくれる日を夢見ていると、語っていた事もあったからだ。まさか、こんな早くに実現するとは本人も嬉しさを隠し切れないでいた。練習での茶木圭介副部長と3人の絶妙なコンビは、見ている者を引き付けていく。親心として、監督の忙しさを少しは解消してくれることを望んでいたのは私ばかりではないだろう。

 新年度は開校40周年の記念事業として新校舎移転などがあり、春の遠征は見送られていたが、スタートは比較的雪の少ない三石町で土の感触を味わう事になる。先輩を送り出し新1年生を迎えるこの時期は毎年、子供達にとっても複雑な心境なのかもしれない。3年生にとって最後の春、夏と残された時間はない。主力選手の故障者が多く、中でも冬に肘を手術した私の大好きな桑島とバーンアウトでの精神的な殻から抜け出せないでいる鈴木が気になるところだ。

=26回シリーズ。次回に続く・・・・=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑