深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ
書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。
■第20回 雨天ノーゲーム再試合の雪辱にむけてスタート 著者: 蔵重 俊男
 2004(平成16)年の第43回春季大会地区予選が始まり、初戦は伊達緑丘と対戦し6回を13奪三振、岩田の好投とスキの無い攻めで6回途中から吉岡が継投し試合を決め、7回コールドで初戦を突発した。準決勝は接戦を想定しての攻撃もなかなか上手く戦えず、8回まで浦河の7安打と駒大苫小牧の10安打は効率的なヒットを重ねた駒大苫小牧が8回にコールドで勝利する。A組決勝は室大谷の先発渡辺と駒大苫小牧・岩田の投手戦で敵矢をからめて先制氏し、林の2塁打と試合を決めた糸屋の本塁打は見ごたえがあった。代表決定戦の相手は苫中央。苫中央は選抜出場の鵡川を一蹴し、勢いをつけて臨んだ北海道栄を5−2で下しての決勝進出であったが、序盤、中盤と1点を争うゲームが続き、終盤、苫中央の守備の乱れによって、一挙に追加点を入れ8回7−0のコールドで全道に進出することになる。好投手、一関が更に成長すると手ごわい相手になりそうだ。春の地区大会からスキのない戦いぶりは全道の頂点に立ちそうな勢いでもある。夏を見据えての全道大会も層の厚さを実感した。ケガで出遅れている選手の代わりにチャンスを与え、先発で使っていく選手がことごとく「水を得た魚のように生き生きとプレーし結果を出していくから面白い」。監督も目を細め早くも夏へ思いをはせる。抜群の精神的な強さを持ち合わせたチームは更に進化していく。

 全道初戦は、砂川北と砂川南の連合チームとの対戦になる。初回、林の適時打で1点、2回には佐々木の右越え本塁打、4回には原田の適時打で加点していく。先発岩田の頑張りと好投で竹村のツーラン本塁打のみで食い止めた。6回からは吉岡もイキの良いピッチングを披露し4−2でかわした。2回戦準々決勝は、東海大四との対戦になるが、思い切って先発は、樋江井が起用され佐々木が繋いで結果を残していく。層の厚さというより精神的な強さを感じる投手陣だ。3回、原田の先制2点適時打でリードし、5回、6回、8回と加点し、6−3で勝利した。準決勝は勢いのある吉岡が先発し、そのままの勢いと相手の3失策でリズムを取り戻し、国際情報を4−3と接戦を制し決勝に進出。公式戦初めての対戦となる小樽潮陵は打力と好投手三輪の連投で勝ちあがってきたチームだ。右サイドスローの三輪投手に対して8人の左打者を揃え、それを打ち破る打力が6回4点リードでキャプテン佐々木の満塁本塁打が飛び出し試合を決めた。その後も、接戦を想定しての徹底したバントで1点をもぎ取る攻撃はいかにも「香田野球」らしさが見えた。先発の岩田も、打っては1回と5回に連続適時打で自分のピッチングのリズムを更に良くし、この日、公式戦初先発の捕手津島の強気のリードが更に岩田の持ち味を出し、終わってみれば11個の三振を奪っていた。

 昨年秋の決勝での鵡川戦を思い出しても、全く当時のイメージはなくスキのない戦いぶりだ。一塁手の遠藤幸や刈谷も起用されれば、きっちりと結果を残した。夏への競争心が更に加速していきそうである。後は鈴木が完全復活すれば投手力は安泰なのだが。10−0と5安打完封をやってのけた岩田の成長ぶりが一際目に焼き付き、本当に強さを感じるチームに育った感じがする。香田野球のすごさは10年間野球を見つづけてきたものにとって勢いづくと、どんどん加速していく姿を何度も見てきた。「やられたらやり返す」リベンジをすることが自分の野球の中に常に行き続けている。全道の決勝戦は春夏秋と昨年の鵡川戦を除いては圧倒的な試合になる。この原動力は一体どこからくるのだろうか。プレッシャーを感じさせない子供達の一つ一つのプレーは冷静で日頃の練習の成果を十分発揮していく。「人を育てるというのはこういうことなのか」と、つくづく勉強させられた大会でもあった。優勝後の「慢心」がこれからの夏を見据えてキャプテン佐々木孝介がどのようにチームを纏めるかが最大の課題となりそうだ。

 監督はいつも「おごり」が自分を駄目にする。そうならないように「私生活を含めて、いつも自分を見つめる事」「常にチャレンジ精神を忘れない事」を子供達に語り続けてきている。

 いずれも甲子園での1勝は子供達以上に監督自身多くのプレッシャーを受けていた。初めての第83回選手権、2年後の春選抜そして夏の選手権、第86回の夏の選手権へと彼のリベンジが始まった。このリズムを持ち続け3年生最後の夏へ良いスタートを切りたいものだ。

 第86回全国高校野球選手権大会地区予選は3ブロックに分かれ駒大苫小牧はAブロックの代表を目指して加速していく。初戦、静内を8−1と8回コールド発進し原田の本塁打を含め、ディフェンスも安定感を増し、岩田の攻めのピッチングで圧勝した。準決勝の苫西との戦いは7回をコールドで抑え込み、決勝戦は昨年の秋、全道決勝戦で打ち負けした鵡川との一戦。気力というか迫力と強さを感じさせるチームに仕上がった駒大苫小牧は向かうところ敵なしといったゲーム展開で7−0の7回コールドで鵡川を下した。歴然と力の差も感じられ鵡川の子供達の迫力というか、いつもの元気さも感じられなかった。2回、糸屋の右前打で先制し、3回には澤井の左本塁打、原田の2点本塁打、その後も試合を締めるかのように、犠打で加点しAブロック代表として全道へ進出する。一方、苫東も好投手山田の緩急を付けたピッチングで2年連続の代表を勝ち取った。

 残りの枠も2回戦で室大谷と1点差ゲームを制した道栄が準決勝苫高専を7−0、決勝を10−0と好投手木興も完璧なピッチングを披露した試合運びと、伸び伸び野球で全道へ好発進する。

 南北海道大会の初戦は函館代表の森との対戦になる。8−1で一蹴し、準々決勝の立命館慶祥戦も9−2と7回コールド。鍛え抜かれた守備力の差と無四球の岩田の好投が光った。準決勝は強打を誇る東海第四は右サイドハンドの斉藤が先発し、公式戦初先発とは思えないような、落ち着いたマウンドさばきは高校生離れしていた。駒大苫小牧の打線が好投手斉藤の前に鳴りを潜め苦しんでいく。1−2でリードされた8回に4番原田の同点適時打で振り出しに戻し、そして9回ドラマは起きた。勝負強い五十嵐が左前の適時打で3塁ランナーを迎え入れサヨナラを呼び込んだ。劇的な幕切れだが、6回途中から登板した鈴木康仁が東海第四打線を封じたこともサヨナラゲームに花を添えた。マウンドでの躍動感あるフォームは昨年の夏を思い出させるような完全復活を感じさせるピッチングであった。最後まで駒大苫小牧打線を苦しめるピッチングをした東海第四の斉藤投手は努力家で将来性を感じて見入っていたのは私だけだっただろうか。お互いが一歩も譲らず、どんなことがあっても甲子園に行くという気持ちの強さが両チームから感じ取ることが出来、久々に胸の高ぶりを抑えることが出来なかった。東海第四戦の勢いをチームの力に変えて決勝に臨んでいく。

 昨年と同カードで、道栄の好投手木興の目の色が変わっていた。この迫力に負けない気力は、初回2死後、4番原田の打球が右中間へ運び先制したことで加速する。この1点の重さは好投手木興のリズムを壊してしまい二つの暴投を招くことにもなる。4回同点にされるもその裏、原田の左前安打に始まり、佐々木、林と右翼線へヒットを打って3点をもぎ取った。松橋、岩田、鈴木と継投し6−3で勝利した。道栄の再挑戦は攻めても11残塁と、ここ一発が出ず、攻撃と守りのリズムは完全に駒大苫小牧のペースで終止符を打った。春季大会で優勝するとなかなか勝てないというジンクスも跳ね飛ばし甲子園へ、2年連続の夏の選手権大会出場を決めた。昨年の先輩たちが残してくれた課題を「再挑戦」チャレンジャーとして叶える事が出来た。

 北大会は旭川北が実に44年ぶりの出場を決め、雄武の追撃をかわし後半は完全に旭川北の試合運びで6回、7回の集中打は見事であった。地区予選そして全道の決勝が終わると間もなく後援会が結束を固め寄付集めに走り回った。

=26回シリーズ。さらに物語りはつづく・・=
■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑