深紅の旗は我にあり 香田誉士史監督と駒大苫小牧高校野球部の10年間の歩みです。
バックナンバーはコチラ

書籍:深紅の旗は我にあり 平成16年8月夏の甲子園球場は歓喜と感動の嵐に包まれていた。深紅の優勝旗が初めて津軽海峡を渡った瞬間だった。
著者の蔵重さんは、青年監督として香田監督が苫小牧へ赴任して以来今日まで公私ともに監督を支え野球部を応援されて来られた方です。感動の夏の甲子園初優勝を機会に、平成17年7月に香田監督と野球部の10年の歩みを一冊の本として上梓されました。非売品であり書店ではお求めできませんが、苫小牧駒澤大学のWebサイトで毎月連載としてお楽しみ頂けることになりました。

■第25回 香田野球の原点               著者: 蔵重 俊男

1995(平成7)年の春、春季全道大会地区予選での初采配から10年は走馬灯のように過ぎ去ってきたが、香田誉士史という一人の男が成し得た偉業はこれからも、永遠に高校野球の歴史に名を残し、「人を育てる」「心を育てる」というテーマで、これからも健康第一で好きな野球をパフォーマンスして欲しいと願っている。「動」と「静」そして「勢い」と「冷静さ」、どんなスポーツにも共通してくるものが、香田野球から学んだ一人だ。日本人が忘れかけていた香田野球の「心」が、原点として甲子園にあったような気がしている。ある時は「母の心」であり、ある時は「父の心」であり、自分を支えていただいた多くの人たちの「心」を忘れずに、「想念」を抱いて走りつづけて欲しい。素晴らしいコーチ陣に恵まれ、これからも家庭と野球と教師としての3役を上手く使い分けて、その中心はいつも家庭円満にあると思っている。10周年を記念して少なからず振り返ることが出来たとき「過去があるから今の自分があり」「これからの自分を生かす為にも今の自分がある」、そう思って、今まで通り自分の心に正直に生きて行って欲しいとも願っている。平成16年の12月には待望の新居も苫小牧市の東地区に構えた。これからも、この地にしっかりと根を下ろし、子煩悩な監督が素敵なひとみさんに支えられ、すくすくと育っていく太河くんとの明るい家庭の雰囲気が見えてくる。グラウンドの環境整備も着々と進み、篠原勝昌学校長や甲子園出場後援会のバックアップでバックネットの新設や学年別の部室、外野フェンスも安全を考慮しラバーマットを備え付け完成、更には念願の52名の定員で野球部寮も完成した。入寮できない部員は近くの学生寮にお願いすることになった。さまざまな難関を突破し、駒澤高校野球の歴史というか、野球文化を少なからず語れそうな雰囲気にもなってきた。香田監督の下へと兄弟で入部してくる子供が意外と多いが、中でも3兄弟がこぞって入部してきたのは、今年で2組になる。高野洋道氏、現父母の会会長の長男源太君(駒澤大学―警視庁勤務)、二男優希君(八戸大学3年、外野手)、三男和真君(3年)と、元父母の会会長の丸山正仁氏の長男仁希君(札幌学院大学2年、外野手)、二男の智也君(3年)、三男正俊君(1年)と、正に野球一家である。両氏に駒澤の魅力を伺ったが、「香田野球に親子で惚れ込んでしまった」と同じ答えが返ってきた。気心知れた二人だが、「うーん、やはり私と同じか」とあらためて監督の野球に取り組む姿勢にうなった。

ある日のスポーツ新聞の一面に高野連脇村春夫会長の記事を見て私は安堵した。日頃、香田監督が言い続けてきた事と同じ事が、大きな見出しで出ていた。高校球児は野球バカはダメとの大きな見出しの横に、茶髪規制は教育の一環とも載っていた。眉毛の剃り込みに対してもある一部の選手に対して、苦情が相次ぎ、高野連としても異例の通達をしたそうである。社会的なルールと倫理的なことが薄れている現在、10年間、香田監督がうるさく言ってきた事そのものが、脇村会長のコメントと同じく掲載されていた。紙面の殆どを埋め尽くすこの記事は、全国の高校野球の指導者のみならず、子育て真っ盛りの親達にもぜひとも目を通していただきたいものだ。平成16年度の国体出場においても他校の選手の茶髪が目立ち、監督の驚きは隠せなかったと帰苫後に聞かされ、私自身も驚いた。その後、ある選手の喫煙が新聞記事になり、2度目の裁定はどうなるのかと気にしていたが、プロとして、いち早い処分を科した判断は正当なものと思った。18歳の若者の将来性を考えたとき社会的なルールを守れないものは、それ相当の処分も辞さないという心構えが必要になってくる。つまり、周りがそうだから、自分もよいでは通らない。香田監督は卒業式まで自分の責任において毎年子供達を指導してきた。一人でもそのような行為があれば体を張ってでも、納得のいくまで話し合っていく。4月から部長に就任した茶木圭介も熱血指導者の一人だ。そうした子供たちの行為をある一部の親たちが黙認していては、何もならないのである。子供達の私生活をも、がんじがらめにするのではなく、理性を持った考え方に指導していくだけのことである。卒業していく3年生の中には、休み期間だけでもと茶髪にしたものがいて、1月のブラスバンドの定期演奏会で一般市民の前で個人個人が紹介された。その瞬間、私の長男も「一体こいつらは何をやっているんだ」と思ったそうだ。そこには監督も出席していたが、見るに見かねて、その場を去ったそうである。1月16日、監督から電話が来た。折角だから私の家でたまに一杯やりますか?と久々に声をかけると、快く、ひとみさんと太河くんを連れて遊びにやってきた。残念ながら太河君は途中で眠りに入り終始寝込んでいたが、大きくなったなと、人の子の成長は早く感じた。定期演奏会の話になり残念な事ですが、と唇を噛み締めていた。話せば分かる連中だからと、その後、茶木福部長とも膝を交えて話し合ったようだ。やはり翌日には全員が髪をスパッと切ってきた。そんな話を聞きながら、卒業間近の3年生も理性は失っていないなと感心した。卒業式の日には全国優勝の記念碑が披露され、多くのお世話になった人達と記念の写真撮影をした記事が地元の新聞に載っていた。こんな企画があったのかと思いつつも、関係者一同、良い思い出が出来て本当に良かったと心からそう思えるようになった。今では多くの人たちが監督の傍に集まってくる。純粋に高校野球を愛する人の集まりなのかは別にして、香田野球は常に「永遠のテーマ」を追い求めている。そうした彼を時には「そっとしておいて欲しい」と思うことが多々ある。単なる、親心かもしれないが・・・・・・。

春の大会が始まる前の4月28日、市内のレストランにて「江口元部長の退任の祝賀」を現野球部父母の会会長の高野氏の声掛けで、監督ご夫妻、新茶木部長ご夫妻、茂木コーチを含めて52名の人達が集まり、思い出に浸っていた。そして「お疲れ様でした」と感謝の念を一言述べさせていただいた。6年間の中で、5回の甲子園出場経験は人生の中で素晴らしい花を添え、こうした偉業に、いつまでも話は尽きない。「健康第一」で好きな温泉巡りをやっていただき、これからも元気な姿をグラウンドや球場に見せていただきたいと思った。

その数日後、私の二男と共に教育実習の件で駒澤高校を訪ねた時の事で、私は、篠原学校長とアポイント取っていなかったが、信校舎の一角にあるセキュリティーが完備している校長室へと初めて案内された。久々にお会いしたが、以前と変わらず健康そのものといった笑顔で迎え入れていただいた。私は描いていた校長室のイメージとは違っていたため、大変失礼かと思ったが、この場所はトイレも近く、窓ガラスの向こうは体育館がそびえ立ち、細長く壁に囲まれ圧迫感があり「まるで鬼門に感じますね?」とお話しすると、篠原学校長は笑顔で「その通りなんです」と平気で応え、「校長たる者が多くの教職員の皆さんが一生懸命働いていただいているのに、私一人が陽の当たる場所に居座る訳には行かない」と言い、家庭科教室の計画だった所に、あえて校長室を設けたと話を聞き、常に組織全体に目を配り教育の場として素晴らしい環境創りに心血注いでいる事が、その一言で感じ取れた。昭和41年の夏に一期生が甲子園出場後、野球部は暫くの間、低迷していた時期があり、そうした時代に部長を引き受け、一途に好きな野球に没頭した時もあったと言う。支部優勝、全道大会の出場を果たし、それなりの成果を短期間で築き上げ、強運の持ち主というより、一つの組織の中で自分をどのように生かして行き、教育現場での自分との闘いを常に体で会得してきた一種のカリスマ性をも兼ね備えた人物のように思った。教頭時代に香田監督を迎え入れ、それこそ「石の上にも3年」という気持ちで、水面下で一生懸命手を差し伸べ、今日を築き上げてきたことを忘れてはいけない一人である。スポーツばかりでなく、校長としてと言うよりも、駒澤高校として、学業に専念できる環境創りにも一生懸命、費やしてきた事が今日の卒業生からも窺がえる。ふと、昨年のある会合で、同席していた私は、学校長の挨拶を思い出していた。苫小牧東の学校長も同席して居るにもかかわらず、堂々とライバル校は「苫東であって」と切り出し、国、公立大学合格者をなんとしても「苫東」に負けない人材育成をやりたいと真顔で、ユーモアたっぷりの、いつもの笑顔で話されていた。教育者たるもの、常に襟を正していかねばならず、スポーツを指導していく者も同じであり、それを出来ない者は教育者として失格であると強調する。長い間、私も野球部の設備に関して学校長にはいろいろとわがままを言ってきた一人だが、最後は無言で受け入れていただいたのも、学校長の采配だった。やはり、人との出会いの中で、いかに人間性を高めていくかであり、同席の息子にも「手の平に乗せた原石をいかに教育現場でピカピカに磨きをかけていくかなんだよ」としきりに話され、最後は「勝って兜の緒をしめなければね」と監督を含めて私たちに話されているようにも思った。

=26回シリーズ。どうぞ続きをお楽しみに!=

■筆者プロフィール
氏  名 蔵重 俊男
住  所 苫小牧市新明町4丁目20番13号
連 絡 先 0144-55-5069
生年月日 昭和25年6月20日【55歳】
出  身 厚真町
厚真中央小学校・厚真中学校・苫小牧工業高校・昭和44年卒業
大昭和製紙(株)本社鈴川工場(S44年4月〜47年12月)
蔵重自動車(S48年1月〜59年12月)
苫小牧スバル自動車(株)【(現)北海道スバル(株)苫小牧西店】(S60年1月〜現在に至る)
趣  味 野球鑑賞・少年野球指導者・少林寺拳法
蔵重 俊男著者からのコメントはこちら

上へ移動↑