入試情報

ホーム > 入試情報 > 各種奨学金の案内

各種奨学金の案内

 

学業奨学生

 

選考対象

1年次から3年次に在籍をしていて人物・学業成績が優秀な者

奨学金の額 Ⅰ種(1人以内):前期又は後期の授業料の全額
Ⅱ種(3人以内):前期又は後期の授業料の半額
選考方法 全科目の平均点の上位者からⅠ種、Ⅱ種の順で選考する。

 

PAGE TOP

 

特待生奨学生

 

選考対象 人物・学業成績ともに優秀な者
奨学金の額 A種:授業料を免除
B種:授業料の半額を免除
選考方法
出願書類

(1) 本学の入学試験(編入学を除く)の合格者のうちで、英検2級以上、TOEICスコア550点以上、TOEFL iBTスコア42点以上の資格取得者は、特待生出願のエントリーを行い、平成30年3月9日までに資格取得証明書 (コピー)を提出することを条件として、特待生の候補者(授業料の全額免除・半額免除)とします。

(2) 一般推薦入学試験、指定校推薦入学試験及び一般入学試験(A日程)の合格者が特待生(授業料の全額免除・半額免除)を希望する場合には、一般入学試験(B日程)で実施される「小論文」試験を受験することが必要になります。特待生の候補者は、小論文試験の得点の上位者(若干名)とします。なお、特待生出願のエントリーを行うことを条件に選考料が無料となります。

(3) 本学の特待生(授業料の全額免除・半額免除)を希望する場合には、一般入学試験(B日程)で実施される「小論文」試験を受験することが必要になります。特待生の候補者は、小論文試験の得点の上位者(若干名)とします。なお、特待生出願のエントリーを行うことが条件となります。
 (4) 大学入試センター試験利用入学試験(A日程・B日程)の出願者は、指定された6教科の中から上位2科目合計の得点(上記の加算点を含まない)に応じて、本学の特待生(授業料の全額免除・半額免除)の候補者とします。

 

PAGE TOP

 

スポーツ・文化奨学生

 

選考対象

スポーツ・文化において優秀な成績を修めた者を選考の対象とします。ただし、競技やクラブによって出願資格が異なるため出願前に、本人または出身学校の当該クラブ顧問から、事前に本学クラブ顧問へお問い合わせください。

奨学金の額 A種:授業料を免除
B種:授業料の半額を免除
出願書類

一般推薦入学試験(A日程・B日程)の出願に必要な書類の他に、出願期間内に下記の書類を添えてください。

 ・スポーツ・文化奨学生願書(本学所定用紙)

 

PAGE TOP

 

日本学生支援機構奨学金

 

資 格 Ⅰ種・・・高等学校調査書全体の評定平均値3.5以上もしくは大検合格者でこれに準ずると認めた者
Ⅱ種・・・高等学校調査書全体の評定平均値が平均水準以上もしくは大検合格者でこれに準ずると認めた者
貸与月額 Ⅰ種・・・自宅通学者:54,000円  自宅外通学者:64,000円
Ⅱ種・・・月額3万・5万・8万・10万・12万円の中から自由選択
返済義務 Ⅰ種・・・あり(無利子)
Ⅱ種・・・あり(年利3%以内利息付き)
採用期間 Ⅰ種・Ⅱ種・・・最短修業年限
出願時期 4月中旬・公募

 

PAGE TOP

 

資格取得奨励奨学金

 

資 格 学生委員会の議を経て毎年度これを定める。
給付金額 資格取得に要した費用のうち年額金3万円を限度に給付する。
資格取得に要した費用には受験料、講習会受講料を含める。
次年度以降も再度申請することができる。
選考方法 学生委員会及び教授会の議を経て、学長がこれを決定する。

 

PAGE TOP

 

国際交流奨学生

 

資 格 以下の要件を備えている者
①本学に在学する学生(外国人留学生・編入学生・再入学生を除く)
②人物・学業成績ともに優秀であること
③許可されて1セメスター以上留学すること
④本学の設ける奨学金等を受けていないこと
⑤本学が派遣する交換留学生でないこと
給付金額 年額授業料の半額
選考方法 学生委員会の議を経て、学長が教授会に諮ってこれを決定する。

 

PAGE TOP

 

その他奨学制度

・曹洞宗奨学金、その他地方公共団体奨学金などがあります。

苫小牧駒澤大学 国際文化学部

フリーダイヤル 0120-57-1504

TEL: 0144-61-3111(代表)
FAX: 0144-61-3333

上へ移動↑